ニュースリリース

2005年11月21日 No.05-033

(財)日野自動車グリーンファンド助成先決定

日野自動車㈱が出資設立した(財)日野自動車グリーンファンドは、このたび2005年度の12件の助成対象・内容を決定しました。同ファンドは1991年の設立以来、『緑の助成財団』として自然環境保全に貢献する各種事業を展開してきました。その大きな柱が、身近な環境保全に取り組む民間の団体への助成活動です。毎年1回公募し、応募案件の中から助成先を決定、助成金の交付を行っています。

また、今年度の助成決定先への助成金贈呈式ならびに前年度助成先の活動発表会を11月26日(土)日野自動車21世紀センター(東京都八王子市)にて行います。前年度助成先の活動発表会は一般公開となっており、発表会後にはささやかなティーパーティー(入場無料)もご用意致しております。下記問い合わせ先まで、お気軽にご連絡の上、ご参加下さい。

● 2005年度助成決定の内容
助成分野 活動内容 助成先団体
1 植木や草花の植栽実施及び助成 多摩圏域における百年がかりの地域貢献活動 多摩さくら百年物語フォーラム(東京)
2 自然環境の保全活動に対する助成 森作りのための野生ニホンリス行動の調査 守山リス研究会(愛知)
多摩動物公園での里山保全及び普及活動 多摩丘陵の里山保全活動グループ(東京)
ラムサール条約で渡良瀬遊水池の湿地保全を 渡良瀬遊水池を守る利根川流域住民協議会(栃木)
日野の用水路カルテづくりプロジェクト 浅川勉強会(東京)
シナイモツゴ里親制度の確立 シナイモツゴ郷の会(宮城)
3 自然環境保全に資する調査・研究への助成 生物多様性からみた貴重植物の保護対策 エコライフ(群馬)
高知県におけるカエル類生息状況調査 四国自然史科学研究センター(高知)
日本産ホタル10種の生態と自然環境調査 板当沢ホタル調査団(東京)
野生化動物アライグマの在来種への影響 日の出むじなクラブ生態班(東京)
秩父地方の老樹・名木の活力度と故事来歴 秩父の環境を考える会(埼玉)
湿原の回復実験調査 霧多布湿原トラスト(北海道)



●活動発表会のご案内(一般公開)
日  時 2005年11月26日(土)13:00~16:30
場  所 日野自動車㈱ 21世紀センター大ホール(5F)
東京都八王子市みなみ野5-28-5
発  表
内  容

14件
①『緑の再生活動-三の塔植樹と人口林整備』(丹沢自然保護協会:神奈川)
②『多摩圏域における百年がかりの地域貢献活動』(多摩さくら百年物語フォーラム:東京)
③『住宅街に残す野川源流のX山保全活動』(日吉町町内会:東京)
④『ツシマヤマネコ保護の為の里山再生事業』(ツシマヤマネコを守る会:長崎)
⑤『奈良県明日香村の歴史的景観の保全活動』(景観ボランティア明日香:奈良)
⑥『秩父郡市の老樹・名木の衰退の調査』(秩父の環境を考える会:埼玉)
⑦『燕の巣作り支援と燕、鴉の巣の住民登録』(八王子・日野カワセミ会:東京)
⑧『森作りのための野生ニホンリス行動の調査』(守山リス研究会:愛知)
⑨『陸生ホタルの生態研究と自然環境調査』(板当沢ホタル調査団:東京)
⑩『特別天然記念物「大山椒魚」生息環境保全』(真庭遺産研究会:岡山)
⑪『長岡市自然観察林生態マップの作成・配付』(新潟県森林インストラクター会:新潟)
⑫『水元公園野鳥の調査観察とパンフレット作成』(水元の自然と金魚の会:東京)
⑬『西多摩のオオムラサキ生息状況と保護方策』(西多摩自然フォーラム:東京)
⑭『野津田公園-里山の保全・活用・人との交流』(野津田・雑木林の会:東京)
その他 ・入場は無料です
・発表会終了後にティーパーティーを予定しております(参加無料)。
・贈呈式(同日開催:11:00~12:00)は非公開となっております。
・併設の『日野オートプラザ』では日野自動車の歴史や歴代の名車を展示しており、ご自由にご覧いただけます(入場無料)。

● 会場のご案内                 
【自家用車】駐車場あり(無料)   
【バス】  JR横浜線八王子みなみ野駅より約5分
【徒歩】  JR横浜線八王子みなみ野駅より約20分
【タクシ-】JR中央線八王子南口より約15分
京王線めじろ台駅より約10分

●お問合せ先
(財)日野自動車グリーンファンド事務局
℡ 042-586-5369 担当:花田、佐々木、阿部
                                                                    
 【MAP】
 【MAP】