ニュースリリース

2005年06月30日 No.05-021

日野自動車、日本初の大型トラクター用車両安定性制御システム「VSC」 を開発

 日野自動車株式会社(以下 日野)は、大型セミトラクターの走行安定性を総合的に向上する日本初※1の車両安定性制御システム「VSC(Vehicle Stability Control)」※2を開発しました。本システムは、大型トラクター特有の「横転現象」「ジャックナイフ現象」※3「ドリフトアウト現象」※4といった不安定な車両状態を事前に感知し、ドライバーへの警報とともに、エンジン出力制限およびブレーキの作動によって、車両状態を安定方向へ制御するシステムです。
すでに国土交通省の認可を取得しており、近く市場に投入します。


 大型トラクターは、トレーラーを牽引して大量物資を輸送する、物流の根幹を担う車両で、免許制度上では牽引免許が必要な上、高度な運転技術が要求されます。またトラクターとトレーラーが1本のピンで連結される構造のため、ドライバーにはトレーラーのロール状態(傾いてしまっている状態)がわかりにくく、横転事故が大型トラクターの代表的な事故事例の一つになっています。
日野は、この現象を未然に抑制するシステムの研究開発に早期から着手し、2003年11月以降 大型トラクターに連結車用ロール安定性制御システムとして「ロールスタビリティアシスト」を標準装備しており、横転事故の抑制に貢献しています。


 このたび開発した「VSC」は、この「ロールスタビリティアシスト」をさらに進化させたものであり、凍結路などで発生しやすい「ジャックナイフ現象」や「ドリフトアウト現象」も抑制する、総合的な車両安定性制御システムです。本システムは、トラクター側とトレーラー側のABS(Antilock Brake System)の協調により、凍結路などの滑り易い路面においても高い車両制御性能を発揮します。


 日野は「安全フロントランナー」として、「商用車がかかわる交通事故死傷者ゼロ」という夢の実現に向け、今後も安全対策技術の開発と商品化・普及を推進してまいります。


※1: 大型トラクター用 車両安定性制御システムとして、日本で初めて国土交通省の認可を取得。
※2: トヨタグループ(トヨタ自動車株式会社、ダイハツ工業株式会社、日野自動車株式会社)では、
VSC(車両安定性制御システム)を交通事故削減のキーテクノロジーとして位置付けています。
※3: 滑りやすい路面で轍に乗り上げた場合などに発生する、トラクターとトレーラーの折れ曲がり現象。
※4: 滑りやすい路面において、前輪のグリップが得られずに、カーブを曲がり切れずコースアウトしてしまう現象。


【 VSC技術の特長 】
 VSCは操舵角センサー、横加速度センサー、ヨーレイト(旋回速度)センサーの各センサーと車速、車輪速の各情報から、総合的に車両の不安定状態を感知・判断します。車両の不安定状態により次の通り車両制御を行います。


1)横転現象に対する制御 車両の不安定状態を判断すると、まず警報が鳴りドライバーに注意喚起を行います。さらに不安定な状態に進むとエンジン出力を制限し、続いてトラクター、トレーラーのブレーキ制御を行い減速することにより、不安定な状態から安定状態に車両を戻します。
2)ジャックナイフ現象
ドリフトアウト現象に対する制御
車両の不安定状態を判断すると、警報が鳴り、続いてエンジンの出力制限、トラクターの適切な車輪およびトレーラーのブレーキ制御を行い、不安定な状態から安定状態に車両を戻します。

 トラクターのVSC技術開発における最大の課題は、制御を行った結果 他の不安定現象を引き起こさない事です。またドライバーにトレーラーの車両状態がわかりにくいことが乗用車とは根本的に異なる部分です。本システムではトレーラーのABSとの協調によって、凍結路面などの極端な低μ路面(摩擦係数《μ=ミュー》の低い滑りやすい路面)においても、安定した制御を可能にしました。




【参考資料】


VSCシステム概要
制御の事例・横転制御の例

システム制御無し システム制御有り
システム制御無し システム制御有り

ジャックナイフ制御の例
システム制御無し システム制御有り
システム制御無し システム制御有り

以上