ニュースリリース

2005年04月28日 No.05-012

日野自動車、小型トラック「日野デュトロ」をマイナーチェンジ

~ 道路運送車両の保安基準改正に先行適合し、ラインナップも拡充 ~


日野自動車株式会社(以下 日野)は、小型トラック「日野デュトロ」※1を本年9月より改正される“突入防止装置(リヤバンパー)装備の義務”および来年1月より改正される“平成18年灯火器保安基準”に先行して適合させるとともに、新規車型の設定によりラインナップを拡充し、4月28日より発売を開始しました。

保安基準改正への対応として、ひとつには“道路運送車両の保安基準の一部改正”にいち早く適合させたものです。現在車両総重量7トン以上の貨物自動車に対して装備が義務付けられている「後部突入防止装置」について、車両総重量3.5トン以上の貨物自動車についても装備が義務付けられるため、このたび発売の新型車より「大型強化リヤバンパー」を装備。 
もうひとつは、ヘッドランプの照射角度調整機能を全車標準装備※2するなど商品力を向上し、“平成18年灯火器保安基準”に適合させたものです。

あわせてCO2の低排出、燃費向上を実現する「ハイブリッド車」やイージードライブを実現する「電子制御式6速AT(オートマチックトランスミッション)搭載車」などに新規車型を設定。またドライバーの視界拡大により安全性を向上させる「ワイドビュ-ミラー」をオプション設定するなど、さらに“お客様のお役に立てる小型トラック”といたしました。

尚、このたび発売の新型車は新短期排出ガス規制に適合、ディーゼルエンジン車(DPR※3搭載車、ハイブリッド車、DPNR※4搭載車)は国土交通省 超低PM排出ディーゼル車認定制度85%低減レベル『☆☆☆☆』にも適合しております。

※1:トヨタ自動車株式会社との共同開発車。
※2:ディスチャージ・ヘッドランプ仕様車は、車両状態に合わせ光軸を一定に保持。
※3:Diesel Particulate active Reduction system
※4:Diesel Particulate- NOx Reduction system

《 1.『日野デュトロ』の特長 》
 
1.保安基準改正に適合
1)“平成17年9月改正、突入防止装置の装備義務”に対応
(1)車両総重量3.5トン以上の1ナンバーの車両に「大型強化リヤバンパー」を装備。
2)“平成18年灯火器保安基準”に対応
(1)車両状態に合わせ ヘッドランプの照射角度を適切に調整する機能を全車に標準装備。
(2)全長6m超車のボデー両サイドに反射器を追加設置。
(3)リヤコンビランプ位置を変更し、視認性を向上。



2.車型バリエーションを拡充
1)世界初の2t積みクラスハイブリッドトラック※5としてお客様より高い支持をいただき累計販売台数が1,000台を超えた「日野デュトロハイブリッド」やイージードライブと経済性を両立する「電子制御式6速オートマチックトランスミッション搭載車」などに、新規車型を設定し、お客様のより幅広い用途に対応。

3.安全性を向上させる「ワイドビューミラー」をオプション設定(助手席側)
1)車両後方の被写体を従来の1.5倍の大きさで映し出すミラーと、車両左側を映すミラーを一体化させた新開発の「ワイドビューミラー」をオプション設定。車両左側の視認性を向上。



※5:トヨタ自動車株式会社と共同開発し、2003年11月に同時発売。


《 2.東京地区希望小売価格( 代表車型 ) 》
(単位:円)
型 式・仕 様 エンジン・                              トランスミッション 届出最大積載(kg) 価 格
(消費税抜き)
PB-XZU411M-TQMMS 
平ボデー付き完成車
ワイドキャブ・ロング全低床(写真添付)
S05D-D 99kW(135PS) 
5速マニュアルトランスミッション
2,000 3612000            (3440000)
PB-XZU351T-TWTMS 
横綱ダンプ強化三方開 
標準キャブ・標準長全低床
S05D-D 99kW(135PS)
電子制御式6速オートマチック
トランスミッション
2,000 3825150                (3643000)


《 3.国内販売目標台数 》

19,150台/年 ( 「日野デュトロ」シリーズ全体 )
以 上
日野デュトロ PB-XZU411M-TQMMS 2トン積・木製平ボデー完成車
日野デュトロ PB-XZU411M-TQMMS 2トン積・木製平ボデー完成車