ニュースリリース

2004年10月14日 No.04-035

日野自動車、第38回 東京モーターショー2004に「安全フロントランナー」「環境フロントランナー」をテーマとしコンセプト車などを出展

 日野自動車株式会社(以下 日野)は、11月3日(水)~7日(日)まで千葉県の日本コンベンションセンター(通称:幕張メッセ)で開催される第38回東京モーターショー2004『働くくるまと福祉車両』に、「安全フロントランナー」「環境フロントランナー」をテーマとし出展いたします。

 具体的には、"大型トラックおよび小型トラックの先進安全コンセプトモデル"、"日野独自のハイブリッド技術を進化させた新長期(平成17年)排出ガス規制対応 大型ノンステップバス"など、参考出品車12台(内 ハイブリッド車6台)、市販車2台、技術展示物3点を出展し、交通社会、歩行者、運転者 の視点にたった「安心して、安全にお乗りいただける車両・技術」「環境への負荷を低減する車両・技術」をご提案いたします。 
 さらに、高齢化・バリアフリー社会に相応しい"ノンステップ小型バスのコンセプトモデル"やグローバル市場でニーズが高まっている "新コンセプトの小型集配バン"も出展いたします。

日野は、「安全フロントランナー」「環境フロントランナー」として、今回出展するコンセプトトラック・バス・テクノロジーのみならず、これからも社会の、そして世界中のお客さまのお役に立てる車両・技術をご提案してまいります。

尚、"変わり続ける日野"の企業姿勢を広くご理解いただくため、今回 モーターショースローガン「Movin' on next ~ つぎの夢へ。 ~」を掲げ、展示会場内 日野ブースでPRいたします。


参考出品車は以下の通りです。( * の付いた車両は、メイン・コンセプト車)

【テーマ:安全フロントランナー】 1.ASV コンセプトL(先進長距離輸送車)*
  2.ASV コンセプトC(先進都市内集配車)*
  3.ASV トラクター  (日野プロフィア)
【テーマ:環境フロントランナー】 4.ハイブリッド IPTバス(日野セレガR)
  5.ハイブリッド ノンステップバス
  (日野ブルーリボンシティ)
  6.ハイブリッド トラック HINO 165
  7.ハイブリッド 低騒音型高所作業車
  ( 日野デュトロ )
【テーマ:福祉】 8.ポンチョL(小型ノンステップバス)*
  9.ハイブリッド 移動サービス車(日野レンジャー)
【テーマ:グローバル】 10.グローバル ハイブリッド バン *
  11.日野スカニア トラクター
【テーマ:モータースポーツ】 12.日野レンジャー パリ・ダカール・ラリー出場車



【 1.参考出品車 】
< 安全フロントランナー >
1) ASV コンセプトL (先進長距離輸送車)
高速道路や主要国道の安全走行をテーマとした、大型トラックの次世代コンセプトモデル。
乗用車の正面衝突時の被害を軽減するため、衝撃緩和フロントストラクチャーを内蔵した"新スタイルキャブ"を採用。
また、追突事故への対応として被害軽減ブレーキ "プリクラッシュセーフティテクノロジー"※1を採用。
ドライバーにより良い車両周辺視界を提供する"全方向モニタリングシステム"や"後側方警報システム"、"配光可変型前照灯AFS"を採用。
疲労軽減を考慮した"大型クルーザー風快適キャビン"や"スライディング開閉パネル荷台"など、運転者にやさしいユニバーサルデザインを採用。
※1:トヨタ自動車と共同開発
2) ASV コンセプトC (先進都市内集配車)
都市内安全走行をテーマとした、小型集配トラックの次世代コンセプトモデル。
集配作業における最優先課題のひとつ 歩行者事故の防止を目指し、"極細ピラー"や"歩行者警報システム"、"全方向モニタリングシステム"の採用により、"死角0(ゼロ)"にチャレンジ。
同時に、万一の際の被害を軽減する"歩行者安全ボデー"を採用。
また"二段開閉式ドア"を採用し、狭い場所での乗降性を確保。
3) ASV トラクター (日野プロフィア)
昨年発売した大型トラック「日野プロフィア」に搭載済みの各種安全装備と、"プリクラッシュセーフティテクノロジー※1"、"VSC(横転・折れ曲がり抑止装置)"、"夜間歩行者情報提供システム"など
先進の安全装備を融合させた、次世代トラクター。
急制動時や衝突時に発生するGを感知し、その前後数秒間の車両前方映像を記録する"前方画像記録システム"を搭載し、ヒヤリハット事例の収集や万一の事故時に活用。
※1:トヨタ自動車と共同開発
< 環境フロントランナー >
1) ハイブリッド IPTバス (日野セレガR)
国土交通省「次世代低公害車開発促進プロジェクト」で開発を推進中のIPTシステム(Inductive Power Transfer:非接触で大電力充電が可能なシステム)をバスに搭載したコンセプトカー。
IPTの活用により、停留所等で停車中に充電を実施し、電気自動車として走行することも可能。
環境社会へ向けて提案する次世代ハイブリッドバス。
2) ハイブリッド ノンステップバス (日野ブルーリボンシティ)
日野独自のハイブリッドシステムとクリーンディーゼルシステム"DPR"との融合により、次期規制である"新長期排出ガス規制"に対応した大型路線バス。
バリアフリー思考に基づき、"低床ノンステップ" を採用。
ユニバーサルデザイン思想に基づき、軽く腰をおろす感覚の"スタンディングシート"や"認識しやすい室内配色"など、楽しく使い勝手の良いデザイン提案を実施。
3) ハイブリッド トラック HINO 165
北米で発売中のトラックに、日野独自のハイブリッドシステムを搭載。
ハイブリッド車への関心が高まりつつある米国市場に対し、低排出ガス・低燃費を実現するハイブリッドトラックを新提案。
4) ハイブリッド 低騒音型高所作業車 ( 日野デュトロ )
2t積みクラス世界初のハイブリッドトラック「日野デュトロハイブリッド」の高所作業車。
ハイブリッドバッテリーから架装物へ電源を供給し、とりわけ環境への配慮が求められる住宅街での作業時にも、低排出ガス・低騒音で活躍。
ベース車両「日野デュトロ ハイブリッド」は、"04年度グッドデザイン賞"を受賞。
< 福祉 >
1) ポンチョL (小型ノンステップバス)
小型ノンステップコミュニティバスの次世代コンセプトモデル。
バリアフリーの観点から"乗り降りしやすいノンステップ&フルフラットフロア"
"スタンションポール"などを新提案。
"識別しやすい室内配色"など、高齢者やお子様にも安心して、安全にお乗りいただける室内設計。
大きなウインドを採用し、快適・楽しい移動を演出。
2) ハイブリッド 移動サービス車 (日野レンジャー)
中型ハイブリッドトラック「日野レンジャーハイブリッド」をベースとし、スワップボディの載せ替えにより様々なサービスを提供する移動サービス車。
ハイブリッドシステムからの電源供給により、停車時はアイドリングストップでのサービス提供が可能。
今回は、車いすの方にも便利な"移動理容車"として出展
ベース車両「日野レンジャー ハイブリッド」は、"04年度グッドデザイン賞"を受賞。
< グローバル >
1) グローバル ハイブリッド バン
グローバル市場をターゲットとした、本格的集配バンのコンセプトモデル。
集配業務の効率を追求し、運転席から荷室への"ウォークインが可能なワンボックススタイル"とし、乗降性に優れた"超低床フロア"や荷役性に優れた"大開口
電動スライドドア" などを採用。
集配車のみならず、移動販売車、キャンピングカーにも最適で、左ハンドル仕様にも対応。
2) 日野スカニア トラクター
日野のパートナーであるスウェーデン・スカニア社の欧州仕様 長距離輸送トラクター。
安全を考慮したキャブデザインと、簡易キッチンなど 大陸横断輸送のような超・長距離輸送には欠かすことのできない豪華なキャブ内装備が、ドライバーの安心・快適空間を演出。
同シリーズは、"International Truck of the Year 2005"を受賞。
< モータースポーツ >
1) 日野レンジャー パリ・ダカール・ラリー出場車
世界一過酷なレース"パリダカ"で14年連続完走の日野レンジャー。
パリダカ2005 出場を目前に控えたレース車を参考出品。
【 2.市販車 】
1) 日野レンジャー 消防車
働く車の中でも、お子さまに最も人気の高い消防車。
街を守るため活躍している「日野レンジャー消防車」を出展。
新短期排ガス規制および超低PM排出ディーゼル車認定制度『☆☆☆☆』に適合。
2) 日野デュトロ 車両運搬車
新車や故障車の運搬に活躍する「日野デュトロ車両運搬車」
新短期排ガス規制および超低PM排出ディーゼル車認定制度『☆☆☆☆』に適合。
【 3.技術展示 】
1) 新長期(平成17年)排出ガス規制対応 超低排出ガスディーゼルエンジン(参考出品)
次期規制"新長期排出ガス規制"に対応する大型トラック用ディーゼルエンジン。
"クリーンディーゼルシステムDPRをベースとした排出ガス浄化技術"、"低燃費化によるCO2排出量の削減"、"空気量・EGR(排出ガス再循環)量の無段階最適制御の実現"などにより、超低排出ガス化を実現。
2) 「日野ドライブマスター(エコドライブ支援システム)」(参考出品)
お客さまの燃料費低減 とともに 環境への負荷を低減する"エコドライブ"定着を支援するシステム。
運行中の警報と、運行直後のプリントアウトデータをもとに、簡単に効果的なエコドライブ指導が可能。
3) 「外部電源式アイドリングストップ冷暖房システム」(参考出品)
アイドリングストップ普及促進に貢献する先進の冷暖房システム。
外部インフラからの電源供給により、アイドリングストップでのキャブ内冷暖房が可能。環境への負荷や周囲への騒音に心配することなく、運転者の快適休息を実現。

以 上