ニュースリリース

2004年08月05日 No.04-032

日野自動車、小型バス 「日野リエッセII」を超低PM排出ディーゼル『☆☆☆☆』適合及びラインアップを充実して発売

 日野自動車株式会社(以下 日野)は小型バス「日野リエッセII」を“新短期(平成15年)排出ガス規制”および“国土交通省 超低PM排出ディーゼル車認定制度85%低減レベル『☆☆☆☆』”に適合させ、8月5日より発売を開始しました。

 また、一部車種を追加、ラインアップを充実させ10月より発売を開始します。


 日野は環境フロントランナーとして、トラックについては、既に大型から小型までの全車型に超低PM排出ディーゼル『☆☆☆☆』適合車をラインアップしております。今回、バスについても『4ツ星シリーズ』を追加することにより、環境性能を求めるお客様のニーズにお応えするものです。


1.主な特長
 (1)優れた排出ガス低減レベル
   ・新開発ディーゼルエンジン「N04C(直列4気筒、ターボインタークーラー、4,099cc)」を採用。
   ・低公害先進技術で定評のクリーンディーゼルシステム“DPR”を搭載し、“国土交通省超低PM排出ディーゼル車認定制度85%低減レベル『☆☆☆☆』”に適合。
   ・“八都県市低公害車認定制度「良低公害車」”“京阪神6府県市低排出ガス車指定制度「LEV-6」”及び
各自治体環境確保条例にも適合しています。
 (2)優れた排出ガス低減レベル
 
 ・新たに16車型を追加、計33車型のワイドバリエーションとしました。
今回追加車型 「優低排出ガス車」の認定を受けたLPG燃料車(4車型)
  9人乗り+積載量1,250kgのビッグバン(2車型)

(1ナンバー登録となります)
  他10車型を追加設定
(3)外板色・シート表皮材の一新
 
 ・外板色はベージュメタリック、イエロー/ホワイト、ホワイト/ベージュの3色を採用し、シート表皮を一新しました。
 (4)居住性の向上
   ・オーディオ・ビデオ機器のルームラック収納、液晶モニターテレビの採用により、ロングボデー車の場合、

テレビ+冷蔵庫仕様で29人乗りを可能としました。

2.代表モデルのグレード・仕様とメーカー希望小売価格
(消費税を含む)
型式グレード・仕様エンジン型式東京地区希望
小売価格
(千円)
PB-XZB51M
(写真添付)
スーパーラウンジ(ロングボデー)
125kW(170PS)
20人乗り
4速オートマチックトランスミッション
N04C-TC7,525
PB-XZB50M今回追加車
GX(ロングボデー)
110kW(150ps)
29人乗り 5速マニュアルトランスミッション
N04C-TB5,313
PB-XZB40M今回追加車
GX(ショートボデー)
110kW(150PS)
26人乗り
5速マニュアルトランスミッション
N04C-TB4,981
LD-BZB40M今回追加車
幼児専用車(ショートボデー)
LPGエンジン 85kW(116PS)
大人3人+幼児39人乗り
5速マニュアルトランスミッション
1BZ-FPE4,325
PB-XZB56Y今回追加車
ビッグバン(ロングボデー)
110kW(150PS)
9人乗り+積載量1,250kg 
4速オートマチックトランスミッション
N04C-TB5,262



3.国内販売目標
        600台/年
日野リエッセII
PB-XZB51M スーパーラウンジ・20人乗り(オプション装着車)
クリーンディーゼルシステム「DPR」採用
NO4C-TC型・125kW(170PS)エンジン採用
 

以 上