ニュースリリース

2004年06月22日 No.04-026

日野自動車、大型トラック「日野プロフィア」トラクターシリーズに新車型を設定し発売

~「日野プロフィア」の全車型に超低PM排出
  ディーゼル最高ランク『☆☆☆☆』適合車設定完了~

日野自動車株式会社(以下日野)は昨年“新短期(平成16年)排出ガス規制"および“国土交通省超低PM排出ディーゼル車認定制度『☆☆☆☆』"適合車としてフルモデルチェンジした大型トラック「日野プロフィア」のトラクターシリーズに、駆動性能に優れ重量物輸送に適した後2軸セミトラクター(駆動方式6×4)を追加設定し、本日より全国一斉に発売しました。

この度の車型追加により、大型トラック全車型に『☆☆☆☆』設定を完了し、日野は小型から大型トラックまでの全車型に『☆☆☆☆』適合車をラインアップしました。


また、トレーラーの横転を抑制する“ロールスタビリティアシスト"を標準装備(日本初)して発売中の後1軸セミトラクター(駆動方式4×2)に、同車型最高出力となる353kW(480PS)の新エンジン搭載車を追加設定し、同時に発売。この追加発売は、国土交通省による分割可能物輸送の基準緩和※1を受け高まっている重量物・大量輸送へのニーズにもお応えするものです。


日野は、環境&安全フロントランナーとして、これからも物流をリードしてまいります。









《 1.発売車両の特長 》
 1. 環境性能の向上
先進のクリーンディーゼルシステム「DPR」を採用し、ディーゼル車各種規制、指定・認定制度に適合。
 (1)新短期(平成16年)排出ガス規制
(2)超低PM排出ディーゼル車認定制度85%低減レベル『☆☆☆☆』
 (3)八都県市低公害車指定制度「良低公害車」
 (4)京阪神6府県市低排出ガス車指定制度「LEV-6」
(5)1都3県自治体環境条例適合(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)
  (6) 1都3県低公害車導入対象「良低公害車」『☆』
  (7) 国土交通省及び地方自治体による各種助成制度利用可能
 2. 先進のクリーンディーゼルシステム「DPR」を採用
重量物輸送用後2軸セミトラクターを新規設定。新開発の高出力エンジン「E13C・382kW(520PS)」「E13C・353kW(480PS)」を搭載。
後1軸セミトラクターに、同車型最高馬力エンジンとなる「E13C・353kW(480PS)」搭載車を追加設定。

同車は“セミトレーラー等の積載条件の見直し"による、分割可能物輸送の基準緩和※1を受け、第5輪荷重11.4~12.2トン車として登録可能(基準緩和)としました。※2
 3. 安全性能の充実
衝突安全の面では高い衝撃吸収性能の「イージスキャブ」をさらに進化させるとともに、乗用車との前面衝突に配慮した「フロントアンダーランプロテクター」を標準装備。
ブレーキをコンピューターが適切に自動制御する「EBS(Electric Brake System)」
を標準装備し、積載状態に応じ、常に安定した制動性能を発揮。
「ロールスタビリティアシスト」※3が、コーナー進入時や緊急回避時におけるトレーラーの過度のロール状態をセンサーで感知しドライバーに警報するとともに、エンジン出力およびトレーラーブレーキをコントロールして、車両の走行安定性を確保。

※1: 保安基準の基準緩和制度に関する見直し
※2: 発売中の後1軸セミトラクター「E13C・331kW(450PS)」搭載車は第5輪荷重11.5トン車として登録可能。
※3: 後1軸セミトラクターに標準装備(発売中の後1軸セミトラクターにも標準装備)。

《 2.東京地区希望小売価格 》(消費税を含む)



型式 エンジン・仕様 第5輪荷重(kg) 価格
日野プロフィア
PK-SS1EKJA
E13C
382kW(520PS)
ハイルーフキャブ
トランスミッション
「プロシフト16」
18,000 18,385,500円
日野プロフィア
PK-SH1EDJJ
E13C
353kW(480PS)
ハイルーフキャブ
総輪エアサス
トランスミッション
「プロシフト12」
9,500
(ISO海コン
フル積載対応車は
11,400)
15,727,950円




《 3.国内販売目標 》

  目標台数
日野プロフィア
トラクターシリーズ合計
1,600台/年



日野プロフィア PK-SS1EKJA
日野プロフィア セミトラクター(オプション装着車)
クリーンディーゼルシステム「DPR」採用
PK-SS1EKJA ハイルーフキャブ
E-13C型・382kW(520PS)エンジン搭載
 

以 上