ニュースリリース

2004年05月31日 No.04-022

日野自動車、中期経営計画「04中計」を策定

 日野自動車株式会社(社長 蛇川忠暉 以下、日野)は、このたび、2004年度から2006年度までの3ヵ年を対象とした中期経営計画「04中計」を策定致しました。

 「04中計」では事業構造の基本的な考え方として、基本事業を「日野ブランド事業」と「トヨタ事業」の二つに大きく分けております。

 「日野ブランド事業」は「日本事業」「海外事業」「PE事業」に細分化し、「日本事業」ではお客様の生涯コストの低減と荷主様の拡大につながる商品・サービスの提案と実践、「海外事業」ではアジアで国産化拡大による低コストの実現、北米で販売サービス体制の刷新による1万台体制の早期確立、また中国では本格的事業展開を推進、さらに「PE事業」では業界トップ水準の排ガス技術を基本に、車載・建設機械向けビジネスの拡大を推進して行きます。これらの事業展開により日野ブランドの確立を目指します。

 「トヨタ事業」ではトヨタフレーム付き車両の開発から生産を担い、グローバルシャシーサプライヤーに向けた体制の実現を打ち出しています。

 日野は市場環境の変化にきめ細かく対応するため、3ヵ年の中期経営計画を毎年見直すローリング方式を02年度より採用しています。

「04中計」の概要は以下の通りです。


【収益計画】

  03年度実績 04年度 05年度 06年度
連結売上高 10,515億円 9,900億円 10,300億円 10,500億円
営業利益 445億円 350億円 490億円 530億円
営業利益率 4.2% 3.5% 4.8% 5.0%
ROE 17.0% 8.3% 12.6% 10.7%


【事業部門別販売台数】

事業部門 項 目 03年度実績 04年度 05年度 06年度
日 本 大トラ登録
(シェア)
15,456台
(28.0%)
13,500台
(30.0%)
15,900台
(30.5%)
16,100台
(31.5%)
中トラ登録
(シェア)
18,184台
(29.2%)
14,400台
(30.0%)
16,200台
(30.5%)
14,900台
(30.5%)
小トラ登録
(シェア)
14,704台
(10.0%)
13,600台
(12.0%)
18,700台
(13.0%)
17,800台
(14.0%)
大中小バス登録
(シェア)
2,846台
(20.1%)
2,400台
(21.0%)
2,500台
(22.0%)
2,500台
(23.0%)
合計 51,192台 43,900台 53,300台 51,300台
海 外 海外販売台数 35,705台 43,100台 51,500台 67,100台
トヨタ 受託車合計 222,676台 213,000台 160,000台 143,000台
P E エンジン販売基数 6,612基 14,800基 24,600基 42,800基
 

以 上