ニュースリリース

2004年05月12日 No.04-019

~ お知らせ ~「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2004」に低公害エンジン、ハイブリッドシステムなどを出展

日野自動車(株)は、来る5月19日(水)~21日(金)パシフィコ横浜にて開催される「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2004(主催:社団法人自動車技術会)」に、『環境フロントランナー』と『安全フロントランナー』をキーワードとして、低公害エンジン、ハイブリッドシステム、安全テクノロジーを出展します。




《 出展概要 》

1.環境テクノロジー展示


  1. クリーンディーゼルシステム『DPR』※1( 低公害ディーゼルエンジン+後処理装置)

    出展物
    1. 大型トラック用 直列6気筒 低公害ディーゼルエンジン『E13C』
      【2003年度日本機械学会賞(技術賞)および自動車技術会賞(技術開発賞)受賞】

    2. 後処理装置「DPR-クリーナー」


    特長
    1. 低公害ディーゼルエンジン と PM補集率95%を誇る後処理装置「DPR-クリーナー」との協調制御により、捕集したPMを燃焼し、PMは国内最高レベルの“国土交通省 超低PM排出ディーゼル車認定制度85%低減レベル『☆☆☆☆』"をクリア。


  2. クリーンディーゼルシステム『DPR』※1+パラレルハイブリッドシステム

    出展物

    1. 小型トラック用 直列4気筒 低公害ディーゼルエンジン『N04C』

    2. 後処理装置「DPR-クリーナー」

    3. パラレルハイブリッドシステム(ローター+ステーター)

    特長
    1. 新短期(平成15年)排出ガス規制に対し、PMを85%以上低減、NOxを50%以上低減。

    2. ハイブリッドシステムにより燃費は現行ディーゼル車に比べ 約30%向上し、CO2排出量も約25%低減。
    ※1 :Diesel Particulate active Reduction system


  3. 新多段トランスミッション『MZ12』



2.安全テクノロジー展示(映像)


    出展
    テクノロジー
    1. スキャニングクルーズ

    2. 車線逸脱警報装置

    3. ロールスタビリティアシスト

    4. 左後側方補助カメラ

    5. タイヤ空気圧モニター
    特長
    1. 連結車の横転を抑止する「ロールスタビリティアシスト」は国内初、「左側方補助カメラ」は国内初、「タイヤ空気圧モニター」は国内トラック初の安全テクノロジーとして、大型トラック「日野プロフィア」に採用。

 

以 上