ニュースリリース

2009年07月03日
No.09-016

日野自動車、日野トラック・バス生産台数、累計300万台達成

日野自動車株式会社(以下 日野)は本日、日野ブランドのトラック・バス生産台数の累計が300万台を達成いたしました。1946年の生産開始以来、1982年に100万台、1995年には200万台の生産を経て、本日の300万台生産達成に至ったものです。

1946年の第1号車T−10型大型ディーゼルトラック生産にはじまり、以来お客様の事業を支えるトラック・バスの生産、販売を通じて、戦後の日本の発展、高度経済成長に貢献してまいりました。また、1952年には初の輸出車両となる台湾向けのバスを生産し、海外事業展開を開始しました。

1999年には、大中型トラック・バスに加えて小型トラックの生産を開始し、総合トラック・バスメーカーとして、より幅広いお客様のニーズにお応えしてまいりました。2001年にはトヨタ自動車株式会社の子会社となり、トヨタグループの商用車部門として、グローバルに事業を展開、2007年度には海外向け車両の販売台数が国内向け車両を上回るなど、海外事業を拡大しています。

今回の生産台数、累計300万台の達成は、世界中のお客様の御愛顧の賜物であります。

日野は、今後も、高品質、高性能で信頼性の高いトラック・バスの生産、販売を通じて、「人、そして物の移動を支え、豊かで住みよい世界と未来に貢献する」という会社の使命を果たしてまいります。
以 上