• トップメッセージ
  • ニュースリリース&お知らせ
  • 会社概要
  • 役員紹介
  • 基本理念
  • 日野行動指針
  • シンボルマーク
  • HINOエンブレム
  • 沿革
  • 国内拠点
  • 海外拠点
  • 日野グループ・サプライヤ
  • 日野とトヨタグループ
  • 企業スポーツ活動

ニュースリリース

2018年9月26日
No.18-020

日野自動車、新世代ハイブリッドシステムを電動冷凍車に活用

― 冷凍性能と環境性能を両立した大型冷凍車「日野プロフィア COOL Hybrid」、来夏登場 ―

 日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:下義生、以下日野)は、来夏発売予定の大型ハイブリッドトラック「日野プロフィア ハイブリッド」に、同モデルに新搭載するハイブリッドシステムを活用した電動冷凍車「日野プロフィア COOL Hybrid」を設定します。日野の強みであるハイブリッド技術を電動冷凍車でも最大限活用し、優れた冷凍性能と燃費を実現しました。

 日野は、持続可能な社会実現のための長期目標「環境チャレンジ2050」に向けたCO2排出量削減の切り札として、大型トラックに新世代ハイブリッドシステムを搭載した「日野プロフィア ハイブリッド」を開発し、来夏の発売を予定しています。冷凍機メーカーと協力し、ハイブリッドシステムの電力を冷凍機の電源に活用した電動冷凍車「日野プロフィア COOL Hybrid」を設定します。「日野プロフィア ハイブリッド」の全車型に展開、電動冷凍機メーカーは株式会社デンソーと三菱重工業株式会社です。

 日野は、2014年に世界初となるハイブリッドシステムを活用した電動冷凍車「日野プロフィア COOL Hybrid」を発売しました。「CHV」の通称で、優れた経済性や冷凍性能がユーザーに大変好評を得ています。この現行「日野プロフィア COOL Hybrid」は、小型トラック用のハイブリッドシステムで回生・発電した電力を、冷凍機用電動コンプレッサーの駆動のみに使用しています。一方、今回の新「日野プロフィア COOL Hybrid」は、大型トラック用に新開発したハイブリッドシステムを使うことで、従来よりもバッテリー容量およびモーター出力が大きくなり、冷凍性能の向上に大きく貢献しています。また、社内試験においては、現行モデルと比較して約1割もの燃費向上結果を得られています。


【主な機能向上】
● バッテリー容量の増加により(1.9kWh→11kWh)、エンジン停止後も冷凍機駆動のための電力供給が約2時間可能
※外気温35度、庫内設定温度-18度(低温)で使用した場合
● モーター出力の向上により(36kW→90kW)、冷却能力が向上し予冷時間を約90分短縮
※外気35度、庫内-20度到達時間

 近年、消費者の食へのニーズは多様化・高度化しています。これに対応するため、商品の鮮度や品質を損なわずに流通させるコールドチェーンが大幅に拡大しており、冷凍車の需要は増加傾向にあります。「日野プロフィア COOL Hybrid」は、優れた冷凍性能と高い環境性能、先進安全技術を備え、冷凍車のお客様のビジネスに貢献します。
 日野はこれからも、多様化するお客様のニーズにきめ細かくお応えすべく、技術開発に取り組んでまいります。

以 上


※掲載写真の画像データは以下のURLからダウンロードできます。パスワードは「hn180926」です。
  このパスワードは12月26日まで有効です。
   URL: https://on.fileforce.jp/sh?site=c000000081&id=4n4yg00nva7c2clk7acv4besm1