ニュースリリース

2016年10月21日
No.16-018

日野自動車、ダカールラリー2017に日野レンジャー2台で参戦

―初参戦から連続26回目の完走と、クラス8連覇を目指す―

 

 日野自動車株式会社(以下、日野)は、2017年1月2日~14日にパラグアイ・ボリビア・アルゼンチンの3カ国に渡って開催される「ダカールラリー2017」のトラック部門に、菅原義正氏が率いるチームスガワラと共に、「日野チームスガワラ」として「日野レンジャー」2台で参戦します。1991年に日本のトラックメーカーとして初めて同ラリーに参戦してから連続26回目の完走と、2010年から続く排気量10リットル未満クラスの8連覇を目指します。

 今回、菅原義正氏の駆る1号車は、2016年大会の車両をベースにエンジンとサスペンションを改良しました。また、菅原照仁氏の駆る2号車は、2017年大会用に新たな車両を製作し、1号車と同じエンジンとサスペンションの改良に加えて、本年7月に初参戦したシルクウェイラリーのデータを分析した結果、基本構造は変えずにリアボデーのフレームのパイプを太くするなど、耐久性を向上させました。年を追うごとに性能が向上するパワーラインが生み出すスピードに耐えるため、より頑丈な車体作りへと設計思想をシフトし、欧州のモンスタートラック勢に挑みます。

 チームを支えるメカニックは、例年通り全国の日野自動車販売会社から公募選抜され、今回は福島日野自動車、石川日野自動車、岡山日野自動車、広島日野自動車から各1人が参戦します。また、昨年に引き続き日野の車両生技部から、メカニック・サブリーダー1人が参戦します。

 日野は、「世界一過酷」と言われるラリーに挑戦を続けることで、クルマづくりとサービスの技術力を鍛え、「人、そして物の移動を支え、豊かで住みよい世界と未来に貢献する」という、会社の使命を果たしてまいります。

 

■日野レンジャー ダカールラリー2017参戦車スペック

  1号車 2号車
全長 6,290mm 6,370mm
全幅 2,500mm
全高 3,150mm
ホイールベース 3,890mm 3,970mm
車両総重量 7,300kg 7,400kg
エンジン型式 A09C-TI(ターボインタークーラー付)
エンジン形式 ディーゼル4サイクル直列6気筒
総排気量 8.866L
最高出力/回転数 650ps/2,200rpm
最大トルク/回転数 230kgm/1,200rpm
燃料タンク 700L
駆動方式 パートタイム4WD フルタイム4WD
トランスミッション 前進6速・後退1速
トランスファー Hi-Loレンジ切替付
タイヤ XZL 14.00R20

 

■「日野チームスガワラ」ダカールラリー2017参戦メンバー

チーム代表兼1号車ドライバー 菅原 義正 すがわら よしまさ
(日本レーシングマネージメント)
同ナビゲーター 髙橋 貢 たかはし みつぐ
(日本レーシングマネージメント)
2号車ドライバー 菅原 照仁 すがわら てるひと
(日本レーシングマネージメント)
同ナビゲーター 杉浦 博之 すぎうら ひろゆき
(日本レーシングマネージメント)
メカニック・リーダー 鈴木 誠一 すずき せいいち
(日本レーシングマネージメント)
メカニック・サブリーダー 中村 昌樹 なかむら まさき
(日野自動車 車両生技部)
メカニック 吾妻 広之 あづま ひろゆき
(福島日野自動車)
メカニック 中村 浩司 なかむら こうじ
(石川日野自動車)
メカニック 井上 順也 いのうえ じゅんや
(岡山日野自動車)
メカニック 國本 賢治 くにもと けんじ
(広島日野自動車)

 

photo
画像1: 日野レンジャー ダカールラリー2017参戦車

photo
画像2: 「日野チームスガワラ」ダカールラリー2017参戦メンバー

 

本リリースに掲載している画像のデータは、以下のリンクからダウンロードできます。
画像1: http://www.hino.co.jp/content/dam/hino/common/img/news/20161021_01_hi.jpg 画像2: http://www.hino.co.jp/content/dam/hino/common/img/news/20161021_02_hi.jpg

日野自動車のダカールラリー参戦活動の詳細については、公式ウェブサイトをご参照ください。
http://www.hino.co.jp/dakar/index.html

以 上