ニュースリリース

2012年01月16日
No.12-001

日野自動車、ダカールラリー2012でトラック部門「排気量10リッター未満クラス」3連覇

 日野自動車株式会社(以下、日野)は、2012年1月1日から1月15日(現地時間)にアルゼンチン~チリ~ペルー間で開催された、ダカールラリー2012のトラック部門「排気量10リッター未満クラス」で優勝し3連覇を成し遂げると共に、初参戦以来21回の連続完走※1も果たしました。

 日野は、1991年に日本のトラックメーカーとして同ラリーに初参戦し、1994年、1995年にトラック部門総合2位を獲得しました。1997年には3台出場し、史上初の同部門総合1・2・3位を独占しました。その後も総合2位を3回、1996年に創設された排気量10リッター未満クラスで12回中11回の優勝を果たすなど、トラック部門の雄として活躍を続けています。

 今大会で日野は前回に引き続き、同ラリー史上最多の30回連続出場記録※2を持つ菅原義正氏と、菅原照仁氏の親子ドライバーが率いるチームスガワラとともに、「日野チームスガワラ」として参戦。日野本社で車両製作を実施し、日野販売会社からメカニックを派遣するなど、グループ一丸となって挑戦しました。

 その結果、排気量が倍近くもあるモンスター・トラックが多数ひしめく全76台のトラック部門参加車両のうち、菅原照仁氏が排気量10リッター未満クラスで優勝し、総合では9位となりました。また、菅原義正氏は排気量10リッター未満クラス3位、総合24位となりました。

 日野は、21年間のレース活動を通じて培ったチャレンジスピリットと技術力を活かし、今後もお客様のお役に立つ商品・サービスを提供し続けて参ります。

 ※1 政情不安で中止となった2008年大会をはさんで、1991年以来21回目の連続完走となります。
 ※2 中止となった2008年大会もエントリーをしていたため、主催者により出場と認定されています。

ダカールラリー2012でトラック部門「排気量10リッター未満クラス」3連覇

 公式ウェブサイトに、連日のレースの様子を詳細に伝える「デイリーレースレポート」を掲載しています。
 URL: http://www.hino.co.jp/dakar/index.html


(参考)日野のダカールラリー参戦の軌跡

 日野は、1991年に日本のトラックメーカーとして初めてダカールラリーに参戦。当初より、菅原義正氏率いるチームスガワラと共同で活動しています。1994年にトラック部門総合2位に入賞し、翌1995年も連続2位となりました。総合優勝を目標に体制を強化し、1997年のトラック部門総合で大会史上初の総合1、2、3位を独占する快挙を成し遂げました(現在もこの記録は破られていません)。

 その後も、トラック部門総合2位に3回入賞するなど、同部門におけるトップクラスのチームとして活躍を続けており、1996~2002年の間に設定された排気量10リッター未満クラスでは、7連覇を達成しました。その後の2年間と2006年は同クラスの設定がありませんでしたが、2005年と2007年、2010、2011年には優勝を果たしています。

回数 開催年 コース 総走行距離(km) 出場車両 トラック部門総合順位
(排気量10リッター未満クラス順位)
21 2012 ブエノスアイレス~コピアポ~リマ 8,333 日野レンジャー 2号車:9位(優勝
1号車:24位(3位)
20 2011 ブエノスアイレス~アリカ~ブエノスアイレス 9,458 2号車:9位(優勝
1号車:13位(2位)
19 2010 ブエノスアイレス~アントファガスタ~ブエノスアイレス 9,026 2号車:7位(優勝
1号車:規定により失格
18 2009 ブエノスアイレス~バルパライソ~ブエノスアイレス 9,579 14位(2位)・26位
2008 (大会中止)
17 2007 リスボン~ダカール 7,915 日野レンジャー 9位(優勝)・13位
16 2006 リスボン~ダカール 9,043 5位・7位(クラス設定なし)
15 2005 バルセロナ~ダカール 8,956 2位(優勝)・6位
14 2004 クレルモンフェラン~ダカール 10,411 5位(クラス設定なし)
13 2003 マルセイユ~シャルムエルシャイク 8,602 5位(クラス設定なし)
12 2002 アラス~マドリッド~ダカール 9,440 3位(優勝
クラス優勝7連覇
11 2001 パリ~ダカール 10,873 2位(優勝
10 2000 パリ~ダカール~カイロ 7,880 5位(優勝
9 1999 グラナダ~ダカール 9,441 4位(優勝
8 1998 パリ~グラナダ~ダカール 10,570 2位(優勝
7 1997 ダカール~アガデス~ダカール 8,051 優勝(優勝)・2位(2位)・3位(3位)
1~3位独占はトラック部門史上初
6 1996 グラナダ~ダカール 7,579 6位(優勝)・11位(2位)
5 1995 グラナダ~ダカール 10,067 2位(クラス設定なし)
4 1994 パリ~ダカール 13,398 2位(クラス設定なし)
3 1993 パリ~ダカール 8,877 6位(クラス設定なし)
2 1992 パリ~シルト~ケープタウン 13,015 4位・5位・6位・10位(クラス設定なし)
1 1991 パリ~トリポリ~ダカール 9,186 7位・10位・14位(クラス設定なし)
日本のトラックメーカーとして初参戦
 ※ レース開催中にコースの変更があったため、実際の走行距離とは異なる可能性があります。
    (記載の距離は、レース前に主催者より発表された数値です。)

以 上