ニュースリリース

2011年09月13日
No.11-021

日野自動車、大型トラック「日野プロフィア」の燃費を向上させて新発売

日野自動車株式会社(以下、日野)は大型トラック「日野プロフィア」を改良して燃費を向上させ、平成27年度燃費基準達成車の設定を拡大して、10月2日より発売します。

今回の改良は日野プロフィアシリーズの内、小排気量のA09C型エンジン(排気量8.866L)搭載車型が対象で、燃料噴射圧の高圧化やEGRシステムの強化等、エンジンの改良により燃費を向上させ、これによりトラクター、マニュアルトランスミッション搭載車を含む全て※1のA09Cエンジン搭載車型で平成27年燃費基準を達成しました。車両総重量25トンの車型ではクラストップ※2の重量車モード燃費値4.15km/L※3を実現しています。
また、A09C型エンジンのうち、従来の257kW(350PS)エンジンは今回265kW(360PS)にパワーアップ。あわせて中速トルクを増強し、広い回転域にわたってフラットなトルク特性としました。これにより、軽量なエンジンで高積載ニーズに応えながら、高い動力性能を確保しています。

 ※1 消防車を除く。
 ※2 2011年8月現在。日野調べ。
 ※3 従来のAMT車は4.05km/L、MT車は3.95km/L。車両総重量20トン超のトラックの燃費基準値は4.04km/L。

すでに発売している日野プロフィアシリーズと同様に日野の先進クリーンディーゼルシステム「AIR LOOP※4(エア ループ)」の採用により平成21年(ポスト新長期)排出ガス規制に適合し、またPCS※5(プリクラッシュセーフティ・衝突被害軽減ブレーキシステム)やVSC※6(ビークルスタビリティコントロール・車両安定制御システム)を標準装備とするなど、高い環境性能と安全性能を備えています。

今回の発売車型を含む日野プロフィアシリーズの平成27年度燃費基準達成車は、平成21年度税制改正における自動車重量税および自動車取得税の特例措置(エコカー減税)の対象となり、新車購入時の自動車重量税と自動車取得税が75%減税されます。

 ※4 「AIR LOOP」は日野の登録商標です。(図1)
 ※5 トヨタ自動車と共同で開発。「PCS」はトヨタ自動車の登録商標です。
 ※6 「VSC」はトヨタ自動車の登録商標です。


図1 「AIR LOOP (エア ループ)」のロゴマーク

■新型日野プロフィア


LKG-FW1AXBG 撮影用特別仕様車

■ 東京地区希望小売価格(代表車型・キャブ付シャシ)

(単位:円)

車名・型式・仕様 エンジン
トランスミッション
車両総重量
クラス
価格
(消費税抜き)
日野プロフィア
LKG-FW1AXBG
フルキャブ
リヤエアサス
永久磁石式リターダー付
PCS・VSC標準装備
(写真添付)
A09C<AT-VIII>
265kw(360PS)
ProShift(プロシフト)12
25t 17,990,700
(17,134,000)
日野プロフィア
LKG-GN1APBA
フルキャブ
リーフサス
PCS・VSC標準装備
A09C<AT-I>
221kw(300PS)
6MT
22t 13,620,600
(12,972,000)

■ 国内販売目標台数

8,000台/年 (日野プロフィアシリーズ全体)

以 上