ニュースリリース

2014年03月11日
No.14-008

日野自動車、大型観光バス「日野セレガ」を改良して新発売

-燃費の向上、およびPCSなど安全装備の機能を充実-

   日野自動車株式会社(以下、日野)は、大型観光バス「日野セレガ」を改良し、燃費向上を図るとともに、安全装備を充実させて4月1日に発売します。

   今回の改良では、エンジン制御の改良により燃費を向上させました。これにより、「平成27年度燃費基準値+10%」を達成していたA09Cエンジン(排気量9L)搭載車に加え、E13Cエンジン(排気量13L)搭載車も「平成27年度燃費基準値+10%達成車」となりました。ともに既に達成している「平成21年排出ガス規制NOx及びPM10%以上低減」とあわせて、「日野セレガ」のロングボデー(12m車)は全て現行のエコカー減税において新車購入時の自動車取得税および重量税が免税(100%減税)となります。

   また今回の改良では燃費向上とあわせて、標準装備しているPCS※1の機能を充実させ、新たに「車線逸脱警報」と「ドライバーモニター」を標準装備としました。

1.先行車に対する追突回避を支援する機能を追加した「PCS」
 PCSは、レーダーで前方の車を検知し、距離や速度から衝突が避けられないと判断するとシステムがブレーキをかけて衝突時の速度を低減します。
 今回の新システムでは、渋滞末尾等低速で走行している車両に対しての追突回避を支援する機能※2を新たに搭載しました。
 日野セレガのPCSは、2014年11月から適用される「衝突被害軽減ブレーキの新基準※3」に日本で初めて適合したシステムです。

2.自車の走行車線からはみ出すと警報する「車線逸脱警報」(標準装備)
 車線からの逸脱を画像センサーがとらえ、警報によってドライバーの注意を喚起するシステムです。
 新たに標準装備とした車線逸脱警報は、2015年8月から適用される「車線逸脱警報装置の新基準※4」に日本で初めて適合したシステムです。

3.ドライバーの閉眼や顔の向きを検知して警報する「ドライバーモニター」(標準装備)
 ドライバーの眼の開閉状態や顔の向きをモニターし、一定の時間、眼を閉じていたり正面を見ていない状態が続くとドライバーに警報し前方への注意を促します。
 また先行車がいる状態ではPCSの警報タイミングを早めます。精度の向上したカメラは、太陽光やサングラス着用の影響下でも正確にドライバーの顔を検出します。

※1 衝突被害軽減ブレーキ「プリクラッシュセーフティ」。「PCS」はトヨタ自動車の登録商標です。
※2 相対速度50km/h以下で作動。但し条件によっては被害軽減となります。
※3 2013年11月12日公布・施行、「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)に係る協定規則(第131号)」
※4 2013年11月12日公布・施行、「車線逸脱警報装置(LDWS)に係る協定規則(第130号)」

■日野セレガ  QRG-RU1ESBA(スーパーハイデッカ 撮影用特別仕様車)


■東京地区希望小売価格(代表車型) 
         
車名・仕様・型式 エンジン
トランスミッション
価格
(消費税抜き)
日野セレガ
スーパーハイデッカ
一般観光 / 11列
QRG-RU1ESBA
E13C<ET-ⅩⅥ>
331kW(450PS)

6速 FFシフト
43,765,000円
日野セレガ
ハイデッカ
一般観光 / 12列
QRG-RU1ASCA
A09C<AT-Ⅷ>
265kW(360PS)

7速 FFシフト
37,639,000円
日野セレガ
ハイデッカショート
2列サロン観光 / 7列
SDG-RU8JHBA
J08E<J8-Ⅷ>
206kW(280PS)

6速 FFシフト
30,665,000円


■年間販売目標台数

初年度 550台 (日野セレガシリーズ全体)

以 上


記載の安全技術はドライバーの安全走行を支援するシステムであり、路面や周囲、ドライバーの状況、気象状況等の条件によっては作動しない場合があります。本技術を過信せず常に安全運転を心がけて下さい。


※掲載写真の画像データは以下のURLからダウンロードできます。パスワードは「hn140311」です。
    このパスワードは4月11日まで有効です。
 https://on.fileforce.jp/sh?site=c000000081&id=0866we3nejak86ehdir6rrlm20