ニュースリリース

2011年01月25日
No.11-002

日野自動車、大型トラック「日野プロフィア」に燃費基準達成車の設定を拡大

 日野自動車株式会社(以下、日野)は大型トラック「日野プロフィア」を改良し、平成27年度燃費基準達成車の設定を拡大して、2月1日より発売を開始します。

 今回の改良はE13C型エンジン(排気量12.9L)搭載車型のうち7段マニュアルトランスミッション(以下、7MT)を装着した車型が対象で、エンジンの特性を7MTに最適化することにより平成27年度燃費基準を達成しました。

 すでに発売している日野プロフィアシリーズと同様に日野の先進クリーンディーゼルシステム「AIR LOOP※1(エア ループ)」の採用により平成21年(ポスト新長期)排出ガス規制に適合し、またPCS※2(プリクラッシュセーフティ・衝突被害軽減ブレーキシステム)やVSC(ビークルスタビリティコントロール・車両安定制御システム)を標準装備とするなど、高い環境性能と安全性能を備えています。

 今回の追加車型を含め日野プロフィアシリーズの平成27年度燃費基準達成車は、平成21年度税制改正における自動車重量税および自動車取得税の特例措置(エコカー減税)の対象となり、新車購入時の自動車重量税と自動車取得税が75%減税されます。また2011年3月31日までに※3営業用自動車として登録された場合、国土交通省による「低公害車普及促進対策費補助金」の対象となります。

                   ※1 「AIR LOOP」は日野の登録商標です。(図1)
                   ※2 トヨタ自動車(株)と共同で開発。「PCS」はトヨタ自動車の登録商標です。
                   ※3 補助金は予算に限りがあるため早期に終了する可能性が有ります。


■ 東京地区希望小売価格(代表車型・キャブ付シャシ)           (単位:円)
車名・型式・仕様 エンジン
トランスミッション
車両総重量クラス 価格
(消費税抜き)
日野プロフィア
LKG-FR1EXBG
標準キャブ・リヤエアサス
PCS・VSC標準装備
(カーゴ用)
E13C <ET-XIII>
279kW(380PS)
7MT
25t 16,943,850
(16,137,000)
日野プロフィア
LKG-FS1EKAA
標準キャブ・リーフサス
PCS・VSC標準装備
(ダンプ用)
E13C <ET-XIII>
279kW(380PS)
7MT
20t 15,444,450
(14,709,000)

■ 国内販売目標台数
               7,000台/年 (日野プロフィアシリーズ全体)

以上
図1 「AIR LOOP(エア ループ)」のロゴマーク

図1 「AIR LOOP(エア ループ)」のロゴマーク