• トップメッセージ
  • ニュースリリース&お知らせ
  • 会社概要
  • 役員紹介
  • 基本理念
  • 日野行動指針
  • シンボルマーク
  • HINOエンブレム
  • 沿革
  • 国内拠点
  • 海外拠点
  • 日野グループ・サプライヤ
  • 日野とトヨタグループ
  • 企業スポーツ活動

お知らせ

2017年10月18日

日野自動車、「2017年超モノづくり部品大賞 日本力(にっぽんぶらんど)賞」を受賞

― 大型トラック用ダウンサイジングエンジン「A09C」で ―

   日野自動車株式会社(以下、日野)は、モノづくり日本会議と日刊工業新聞社主催の「2017年超モノづくり部品大賞」において「大型商用車高性能2段過給エンジン「A09C」」 により「日本力(にっぽんぶらんど)賞」を受賞、日野の卓越した技術力が高く評価されました。

    受賞対象となった「大型商用車高性能2段過給エンジン「A09C」」は、2017年5月に発売した新型「日野プロフィア」に搭載されており、従来の13Lエンジンから9Lにダウンサイジングした新たな主力エンジンとして高い評価を得ています。小排気量化にもかかわらず、2段過給により13Lエンジンと同等の動力性能を発揮するとともに、燃費も向上、さらに13Lエンジンに対し約300kg軽量化しており、トラックにとって重要な経済性と輸送効率の向上をともに実現しました。もちろん最新の平成28年排出ガス規制に適合しています。

   日野は10月27日(金)から開催される「第45回東京モーターショー2017」に今回受賞した「A09C」エンジンを出展します。

   日野は「鋳造同時接合によるFCDアクスルハウジング」で2004年に「モノづくり部品大賞」を、「大型商用車用高性能コンパクトな排出ガス浄化システム」で2012年に「超モノづくり部品大賞 自動車部品賞」を受賞しており、今回の受賞は3度目となります。

 

●大型商用車用高性能2段過給エンジン「A09C」

 

●主要諸元

機関名称 A09C
動弁機構 OHC・4弁
燃料噴射方式 コモンンレールシステム
吸気方式 インタークーラー付き2段ターボチャージャー過給
シリンダー数
内径×工程(mm) 112×150
総排気量(L) 8.866
最高出力 kW (PS) / rpm 279(380)/1,700
最大トルク N・m (kg・m) / rpm 1,765(180)/1,100-1,400

 

(ご参考)
 「超モノづくり大賞」公式ウェブサイト

http://www.cho-monodzukuri.jp/award/

 

以 上