働くクルマと君も世界へ。人、そして物の移動を支え、豊かで住みよい世界とみらいに貢献する

カリキュラム

塑性加工科(板金)

板金の基礎知識を学び、平面の板材から立体の製品を作り出す技能を身につけます。

平面から立体へ

塑性加工とは鉄板に力を加えて変形させ、成形する加工法で、曲げる、伸ばす、縮める、切る、叩く、溶接することによって目的の形状を作り出します。

平面の板材から技能を駆使して立体のモノを作り上げていくことは非常に難しいことであり、自分がどんな気持ちで取り組んだかが作品に正直に表れてきます。

塑性加工科の実習の様子1

塑性加工科の実習の様子2

1年次の基礎実習では、アーク溶接、ガス溶接、鉄板の切断、鉄板をハンマーで叩き曲げる技能を学びます。

2年次からの専門実習では、鉄板を手で曲げ、円筒状や円錐状にしたり、凹凸のある鉄板を平らにする技能を学びます。

3年次には国家検定である技能検定「曲げ板金作業3級」を受けます。

自分の技能の向上が目に見えてわかり自信がつきます。

塑性加工科(板金)のPRポイント

  • 一般の工業高校には少ない科です。
  • 板金加工の設備が充実しています。
  • 卒業後すぐに職場の即戦力になれるよう、基礎から応用までしっかり習得します。

3年間の学習内容

1年次
アーク溶接、ガス溶接、鉄板の切断、鉄板をハンマーで叩き曲げる技能を学びます。

2年次
鉄板を手で曲げ、円筒状や円錐状にしたり、凹凸のある鉄板を平らにする技能を学びます。

3年次
国家検定である技能検定「曲げ板金作業3級」を受けます。

塑性加工科の指導の様子

実習・製作作品

板金科の生徒たちが実習や技能祭で製作した作品をご紹介いたします。

  • 実習作品

    実習作品の写真
    2年生の実習作品。打ち出し、溶接などの技能を学びます。
  • 観覧車

    観覧車の写真
    高さ約1.8メートルの大作、電動の観覧車。円のバランスが絶妙に仕上がりました。
  • ゼロ戦

    ゼロ戦
    3年生の創作実習。製作に苦労した分、見応えのある作品になりました。
  • 飛翔

    Machine’s Towerの写真
    鷲が枝から飛び立つ瞬間を作りあげました。羽1枚から型紙を用意し、切断・曲げ・溶接を行い、迫力ある形に作りました。

ページの先頭へ