安全性能

日々の安全運行のために、衝突回避を支援する機能を搭載。
安全性こそ、トラックに求められる高性能。

先進システムの標準装備化で、ドライバーにもっと安心を。
セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)
「サポカー」とは国が定めた交通事故対策の一環として、先進安全技術を搭載した車です。
日野デュトロは自動ブレーキを標準装備しており、「サポカー」の基準を満たしています。

歩行者との衝突回避もサポート。小型トラックにこそふさわしい最先端システム。 PCS(プリクラッシュセーフティ)[衝突被害軽減ブレーキシステム]

LPG車を除く全車に標準装備

衝突回避を支援するほか、衝突被害の軽減にも寄与するPCSを新たに搭載しました。日野デュトロでは、走行中に前方を見守るためにミリ波レーダーと画像センサーの2つの「眼」を採用しています。このことで、前方の車両だけでなく歩行者の検出・分析も可能となりました。衝突の可能性が高い場合は、警報やブレーキ作動で注意。さらに危険が高まると早いタイミングでフル制動し、衝突回避および被害軽減のサポートを行います。また、画像センサーは物体の形や大きさの識別にも優れるため、同時採用された車線逸脱警報において白線(黄線)の検出などにも威力を発揮します。

■PCSは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約12~80km/hで作動します。
また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態などによっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

  • ※:“PCS”はトヨタ自動車(株)の登録商標です。
PCS衝突被害軽減

車線からの逸脱を高精度に検知し、警告。 車線逸脱警報

インジケーター
インジケーター

道路上の白線(黄線)を画像センサーで認識。ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、警報ブザーとインジケーター表示で注意を喚起します。

画像センサー
画像センサー
ミリ波レーダー
ミリ波レーダー

横転や、雪道などの滑りやすい路面での危険回避操作をサポート。 VSC[車両安定制御システム]

カーブでの車線のはみ出しや横転などの危険がある場合、警報音やエンジンの出力制御、ブレーキ作動により、ドライバーの危険回避操作をサポートします。

  • ※:VSC=Vehicle Stability Control “VSC”はトヨタ自動車(株)の登録商標です。
VSC
VSC

発進・加速時の走行安定性を高める TRC[トラクションコントロール]

滑りやすい路面での発進・加速時にタイヤの空転を抑え、適切な駆動力の確保をサポート。発進時・加速中の操縦性、車両安定性の向上に貢献します。

  • ※:TRC=Traction Control “TRC”はトヨタ自動車(株)の登録商標です。
TRC

ブレーキ操作忘れを防止し、安全性向上に貢献する パーキングブレーキポジション

パーキングブレーキポジション

ハイブリッド車には、確実な車両停止を目的にパーキングブレーキポジションを設定。5速AMTシフトレバー操作に連動して電動パーキングブレーキが作動。パーキングブレーキの操作忘れを防ぎ、安全性の向上に貢献します。

ブレーキを優先して、安心走行へ配慮。 ブレーキ・オーバーライド・システム

ブレーキペダルとアクセルペダルが同時に踏まれた場合、駆動力を抑制しブレーキを優先して作動させるシステムです。

積載状態に応じて、ブレーキを最適制御 EBD※1[電子制動力配分制御]機能付ABS※2

制動時にタイヤのロックを防ぐABS機能に加え、最大積載量までの、積載状態に応じて前後輪への制動力配分を行うEBD機能を採用。空車時など、後輪への荷重が少ない状態においてもバランスのとれたブレーキ性能発揮に寄与します。

  • ※1:EBD=Electronic Brake-force Distribution
  • ※2:ABS=Anti-lock Brake System

軽いスイッチ操作で制動力を確保する 電動パーキングブレーキ

軽いレバースイッチのON・OFF操作だけで、パーキングブレーキの作動・解除ができます。電動モーターが車両の状況に応じて、引き代を自動コントロールし制動力の確保に貢献します。

電動パーキングブレーキ 電動パーキングブレーキを作動させるとモーター作動音がします。

車両側方の視認性を高めた 電動格納2面鏡式ミラー

(運転席は手動式です)

車両側面の視界エリアを大幅に拡大した電動格納2面鏡式ミラーを標準装備。右左折時の歩行者などの早期発見により、巻き込み事故防止などに貢献します。

視界拡大エリア

多様なミラーによって、安全への配慮を追求しています。

格納スイッチ/リモコンスイッチ
  • 助手席電動格納2面鏡式ミラー(運転席は手動式)
  • 運転席・助手席電動格納熱線リモコン2面鏡式ミラー(メーカーオプション)
  • 運転席2面鏡式ミラー・助手席ワイドビュー2面鏡式ミラー(メーカーオプション)
  • 運転席・助手席視界拡大ミラー(メーカーオプション)

全車に標準装備。 運転席SRSエアバッグ

(助手席SRSエアバッグはメーカーオプション)

万一の衝突時、SRSエアバッグが作動。シートベルトの働きと併せて、乗員のダメージ軽減に寄与します。また、強い衝撃に対して瞬時にシートベルトを巻き取り、乗員の拘束効果を高めるプリテンショナー付運転席シートベルトも標準装備しています。

EGIS CAB *写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。

*SRS=Supplemental Restraint System:乗員保護補助装置
助手席SRSエアバッグ、プリテンショナー付助手席シートベルト、助手席シートベルト非装着警告灯はセットでメーカーオプションです。

イージスキャブ
高剛性キャブをはじめ、ドアビーム、SRSエアバッグ、衝撃吸収機能付ステアリング、可倒式ステアリングコラム、プリテンショナー付シートベルトなどの衝突安全性を高める機構を備えたキャビンの総称です。

夜間走行時に、より良好な視界を実現する ディスチャージ・ヘッドランプ〈ロービーム〉

(メーカーオプション)

ロービームにディスチャージ・ヘッドランプを採用しました。ハロゲン・ヘッドランプに比べより光量が増加。積載などにより車両姿勢が変化しても、光軸を一定に保つオートレベリング機能付です。

写真は標準幅キャブ、フロント独立懸架サスペンション車 写真は標準幅キャブ、フロント独立懸架サスペンション車
写真はワイドキャブ 写真はワイドキャブ

良好な視界確保をサポートする ワイドビューピラー

ワイドビューピラー

ワイドビューピラーは、強度を確保しながら、ピラーの断面形状を工夫することにより、視界の妨げとなる妨害角を小さくしています。歩行者などのより早い確認を助けるとともに、開放感も高めました。

左目視/右目視/両目視
両目視のピラーが重なり合わないため、良好な視界確保に貢献。

車両盗難防止システムを標準装備。 エンジンイモビライザー

エンジンイモビライザー

車両盗難を防ぐためのセキュリティシステム。前もってIDコードを登録したキー以外ではエンジンが始動できないようにしています。また、キーを取り出さずにエンジン始動ができるスマートエントリー&スタートシステム(オプション)にも対応しています。

※:“スマートエントリー&スタートシステム”はトヨタ自動車(株)の登録商標です。

万一の衝突時、乗用車の潜り込みを抑制する FUP[フロントアンダーランプロテクター]

万一、乗用車などと正面衝突した際に、相手車両がトラック前部へ潜り込むのを抑制するFUPを装備しました。相手車両へのダメージをできるかぎり抑え、お互いの衝突被害の軽減に役立ちます。

FUPは、乗用車などの相手車両がトラック前部に潜り込むのを完全に防止するものではありません。

  • ※:フロントバンパー下端地上高400mm以上または、車両総重量7.5トン超車に標準装備。詳しくは販売会社営業スタッフにご確認ください。
CAPS
キャップス
アクシデントを未然に防ぐアクティブセーフティ、万一の際のパッシブセーフティ、この両面から安全を考えたのが、日野自動車のトータルセーフティ思想、CAPS(キャップス)。さらに、事故の原因となる疲労の低減にも配慮し、トータルで安全な走行をサポートします。
  • ※写真はワイドキャブ(ハイグレード)助手席SRSエアバッグ、助手席シートベルト非装着警告灯、運転席・助手席電動格納熱線リモコン2面鏡式ミラーはメーカーオプションです。
  • ■写真は機能説明のために各ランプを点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。写真は機能説明のためにボデーの一部を切断したカットモデルです。
  • ※掲載の写真、数値は生産仕様と異なることがあります。詳しくは販売会社営業スタッフにご相談ください。