ダカールラリー

レースレポート・アーカイブ

日野レンジャーが排気量10リットル未満クラスを完全制覇!
ダカールラリーの連続完走記録を23回に更新!


2014年 第35回 Dakar Rally 2014 Argentina-Bolivia-Chile


 日野自動車はダカールラリー2014のトラック部門に菅原義正氏率いるチームスガワラとともに「日野チームスガワラ」として日野レンジャーの2台体制で参戦した。今回は2012年大会より3年計画で進めてきた新型レーシングトラ ック開発の総仕上げ。これを2号車として菅原照仁/杉浦博之組が走らせる一方、菅原義正/羽村勝美組が担当する1号車には、新開発の9リットルエンジン搭載車を先行投入して意欲的な布陣で臨んだ。あわせてサポート体制の強化を 図り、日野自動車エンジン設計部の名越勝之がエンジニアとして帯同。メカニックはチーム母体である日本レーシングマネージメントの鈴木誠一がリーダー、日野自動車車両生技部の末永健司がサブリーダーを務め、全国の日野自 動車販売会社から公募選抜された田村博明(東北海道日野自動車)、瀬沼礼代(横浜日野自動車)、富家忠彦(滋賀日野自動車)が参加した。

 南米に舞台を移して6年目のダカールラリーは1月5日にアルゼンチンのロザリオをスタート。18日にチリのバルパライソにゴールする9209kmうち競技区間(=SS)5212kmで行われた。2台の日野レンジャーは序盤の山岳ステージから順 調な滑り出しを見せ、2号車が排気量10リットル未満クラス1位、1号車が2位のワン・ツー体制を堅持した。7日には2号車が極低速で転倒を喫したが走行には影響なし。


 その後、気温が47℃に達してリタイアが相次いだフィアンバラ周辺のSSも難なく走りきった2台は2号車が累計順位の総合13位、1号車も27位で前半戦を終えた。休息日のサルタではメカニックによる入念な点検・修理が行われリフ レッシュして、チリでの後半戦へ向かった。そして最大の難所であるアタカマ砂漠での4連戦で持ち前の機動力を発揮した2号車は総合12位へと浮上。不運なミスコースもあり連日夜半のゴールとなった1号車も32位と健闘し、そのま ま無事バルパライソに到着した。これにより日野チームは同クラス5連覇をワン・ツー・フィニッシュで飾ることに。2号車は大型車の強豪勢を向こうに総合12位という高順位を記録、1号車の新型エンジンも予想以上のポテンシャル を発揮した。走行スピードがあがり、日々ダメージを抱え帰ってくるレーシングトラックを、翌朝までに完璧な整備と修理を施した日野のサービス力が光り、クルマとヒトの体制強化が実を結んだ大会となった。

 

 連日のレースの様子を詳細に伝える「デイリーレースレポート」はこちら
  http://www.hino.co.jp/dakar/latest_news/index.html

 

サマリーレースレポート (2P | 2.66MB)

 

「HINO TEAM SUGAWARA」 ダカールラリー2014メンバー

1号車 ドライバー:   菅原義正 メカニックリーダー: 鈴木誠一
  ナビゲーター: 羽村勝美 メカニックサブリーダー: 末永健司(日野自動車 車両生技部)
    メカニック: 田村博明(東北海道日野自動車)
2号車 ドライバー:   菅原照仁   瀬沼礼代(横浜日野自動車)
  ナビゲーター: 杉浦博之   富家忠彦(滋賀日野自動車)
    エンジニア: 名越勝之(日野自動車 エンジン設計部)

 

ルートマップ

競技区間(SS):  5,212km
移動区間(リエゾン):  3,997km
走行距離合計:  9,209km (すべてトラック部門の走行距離)

 

出場・完走台数(台)

名称 出場 完走 完走率
二輪部門 174 78 45%
クワッド(バギー)部門 40 15 38%
四輪部門 147 62 42%
トラック部門 70 50 71%
合計 431 205 48%