ダカールラリー

レースレポート・アーカイブ

トラック部門市販車クラス、および同クラス排気量10リッター未満で優勝
2010年 第31回 Dakar Rally 2010 Argentina-Chile

2010年ダカールラリーは、1月1日~17日にかけてアルゼンチン~チリで全行程約8,600kmにわたって開催され、日野チームスガワラは、日野レンジャー2台体制でトラック部門の市販車クラスに参戦。2号車(菅原照仁/鈴木誠一組)が、トラック部門総合7位、市販車クラス優勝、同クラス排気量10リットル未満優勝を果たした。

2010

 レースは、前半戦から2号車が排気量10リットル未満の首位を争うと同時に、排気量を問わない市販車クラスでも上位につけた。後半戦初日には、2号車が市販車クラス、および排気量10リットル未満のトップに躍進。1号車(菅原義正/羽村勝美組)は、後半2日目に排気系トラブルのため惜しくも戦列を去ったが、2号車は後続との差をさらに広げ、改造車クラスの大型勢を含むトラック部門で総合7位の高順位、市販車クラス・排気量10リットル未満いずれも2位に大差をつけてゴールし、見事2冠を達成した。



2010

 ゴールセレモニーでは数千人の観客が熱狂的な声援を送り、ダカールラリーに相応しい賑やかさとなった。市販車クラス・排気量10リットル未満優勝のトロフィーを受け取った菅原照仁と鈴木誠一は、1号車の菅原義正と羽村勝美、5名のメカニックたちと共に手を振って声援に応えた。

 今回、52台が出走したトラック部門の完走は28台。完走率53.8%の厳しい戦いだった。改造範囲の限られた市販車クラスでの勝利は、日野レンジャーの機動性や走行性能の高さ、信頼耐久性を実証し、日野グループの総合力を世界にアピールした。

サマリーレースレポート (2P | 960KB)

2010

デイリーレースレポート


「HINO TEAM SUGAWARA」
1号車 ドライバー:菅原義正 メカニック 門馬孝之(日野自動車)
  ナビゲーター:羽村勝美   北村忍 (北海道日野自動車)
      山崎貴士(東京日野自動車)
2号車 ドライバー:菅原照仁   水野潤 (愛知日野自動車)
  ナビゲーター:鈴木誠一   中野直也(広島日野自動車)
トラック部門 総合順位 ゼッケン番号 ドライバー 車両メーカー
1 501 チャギュイン カマズ
2 500 カビロフ カマズ
3 508 ヴァン・ヴィレット ジナフ
4 506 マシック リアズ
5 505 マルデーヴ カマズ
7位(※優勝/優勝) 514 菅原照仁 日野
規定により失格 516 菅原義正 日野
(※括弧内は市販車クラス/同クラス排気量10リッター未満の順位)

【開催概要】

名称 Dakar Rally 2010 Argentina -Chile
主催 Amaury Sport Organisation
日程
書類審査・車両検査/
2009年12月30日~2009年12月31日
(アルゼンチンのブエノスアイレスにて)
レーススタート/
2010年1月1日
(アルゼンチンのブエノスアイレスにて)
休息日/
2010年1月9日(チリのアントファガスタ)
レースゴール/
2010年1月17日(アルゼンチンのブエノスアイレス)
通過国 アルゼンチン、チリ
走行距離 約8,600km(SS5,200km)
参加台数 372
参加出身国 39

【Route Map】

ARGENTINA - CHILE