ダカールラリー

レースレポート・アーカイブ

並み居るワークス勢を相手に総合3位、クラス7連覇を達成!
2002年 ARRAS-MADRID-DAKAR

2002

エアメカニックが廃止され100台以上のアシスタンスカー&カミオンが参加したため、スタート地点となったフランス北部の町・アラスには総勢425台の車両が集結した。中世を髣髴とさせるアラスの古い街並みにある「英雄広場」に設けられたポディウムには、氷点下近く冷え込んだ外気をものともせず、1万人以上の観客が集まり、会場はお祭りのような熱気に包まれた。プライベート参戦が続く「TEAM SUGAWARA」からは今大会でパリダカ出場20回目となる菅原義正が日野レンジャーを駆り参戦。次男の照仁がアシスタンス部門のドライバーとして日野レンジャーのハンドルを握った。

12月28日、小雨交じりのあいにくの空模様の中、カミオンの先頭をきってスタートしたレンジャーは、4日間の長いヨーロッパステージを無難にこなし、1月1日未明にアフリカ大陸に上陸した。アフリカステージ初日のショートステージで若干のミスコースから総合20位まで順位を落としてしまうが、その後は好タイムを連発し、徐々に上位に浮上。休息日前のロングステージで2番手のタイムを叩き出し、総合4位で前半戦を折り返す。ただ、元日野チームの同僚・ライフが駆るマンも侮れない速さを見せており、僅差の5位でレンジャーに背後に迫る。

モーリタニアの砂丘地帯がメインとなった後半戦に入ると、過酷なロングステージが続き、各チームがトラブルに見舞われて脱落していく。レンジャーも背後に迫るライフとの差をじりじりと広げ、前を行く3台を猛追にかかる。13日目、ラクダ草が300km以上続く我慢のステージで遂に3位に浮上し、ダカールにゴールを果たした。日野レンジャーのクラス7連覇は前人未踏の快挙である。

「TEAM SUGAWARA」
1号車 菅原義正/鈴木誠一/松本尚子
アシスタンスカミオン 菅原照仁
順位 ゼッケン ドライバー 車種
1 409 チャギュイン カマズ
2 408 ロプライス タトラ
3 400 菅原義正 日野レンジャー
4 415 ライフ マン
5 414 ボソネ メルセデス
6 410 デロイ ダフ
7 435 カロフェル マン
8 403 バリラ ウニモグ