ダカールラリー

レースレポート・アーカイブ

初のアフリカ大陸横断ルートで、クラス5連覇を達成!
2000年 PARIS-DAKAR-CAIRO

2000

2000年という節目の年の幕開けには、パリダカ史上初となるアフリカ大陸横断ルートが用意された。スタートセレモニーのみはパリ・エッフェル塔脇で行われたものの、その後、各車両はフェリーにてダカールに運ばれ実質的な競技のスタートはダカールからという設定である。日野レンジャーは今大会も「TEAM SUGAWARA」からのプライベート参戦。日野レンジャーとして節目となる10年目の参戦には、ドライバー・菅原義正、ナビゲーター・鈴木誠一、菅原照仁のクルーに、日野自動車よりエアメカ・矢口義光が加わり、最小限の体制ながらも万全な布陣で、エジプトのピラミッドを目指した。

1月6日、ダカールをスタートしたレンジャーは、木立の茂るツイスティーなコースを順調にこなし、2日目には早くも2番時計をマークし、序盤はトップ3に食い込む走りで順調な滑り出しを見せる。しかし6日目、初の500kmを超すロングステージを終え、ニアメイのビバークに到着した選手達に「ラリーに対する大規模なテロが発生する可能性がある」という衝撃的なニュースが飛び込んだ。これにともない、主催者TSOは競技の一時中止を発表し、安全が保障されるリビアへの空輸作戦を実施し、ラリーは5日間のステージがキャンセルされることとなった。

1月17日、5日間のブランクを経てリビアのサバから競技が再開されたものの、残されたステージは僅か7ステージ。この時点で僅差の5位につけるレンジャーは、リビア、エジプトの砂丘地帯で上位進出を目指した。しかし、レンジャーが得意とする砂丘地帯は現れず、馬力勝負の広大な土漠地帯が続き、大排気量のカミオンに徐々に差を広げられてしまう。最後は6位のタトラにジワジワと詰め寄られたものの、気力を振り絞って総合5番手を死守し、クラス5連覇でギザの3大ピラミッド前にゴールを果たした。

「TEAM SUGAWARA」
1号車 菅原義正/鈴木誠一/菅原照仁
エアメカニック 矢口義光(日野自動車)
順位 ゼッケン ドライバー 車種
1 409 チャギュイン カマズ
2 407 ロプライス タトラ
3 416 カビロフ カマズ
4 408 アゼヴェド タトラ
5 400 菅原義正 日野レンジャー
6 414 スクレノフスキー タトラ
7 404 バウエール ウニモグ
8 418 ボソネ メルセデス