ダカールラリー

レースレポート・アーカイブ

カミオン部門総合4位も、クラス4連覇を達成!
1999年 GRANADA-DAKAR

1999

再び「TEAM SUGAWARA」からのプライベート参戦となった日野レンジャーは今大会もカミオン部門のトップゼッケンである400番をつけて参戦。日野レンジャーとして9年目の参戦となったパリダカは、ドライバー・菅原義正、ナビゲーター・松本尚子、菅原照仁にエアメカ・鈴木誠一という、これまでで最小限の編成で迎えた。今回のコースはスペインのグラナダをスタートし、サハラ砂漠を横断してセネガルのダカールへ至る総走行距離9,403km。カマズ、タトラのワークス勢はもちろんのこと、元WRCチャンピオンのビアシオンが駆るイヴェコも参戦を表明し、レンジャーの前に強敵が立ちはだかった。

1月1日、部門トップをきってスタートしたレンジャーだったが、序盤は大排気量のタトラ、カマズ勢や、同クラスのイヴェコに先行をゆるす。しかし、難関の砂漠地帯で本領発揮したレンジャーは徐々に順位を上げ、1月5日に迎えた今大会最長のSSでトップタイムをマークし、クラス首位、部門5位に躍進。その後もコンスタントな走りを続け、前半戦をカミオン部門4位で折り返す。

レンジャーは後半戦に入っても大排気量のモンスターカミオンと互角の走りを展開。13日のステージでは再びトップタイムをマークし、猛烈な追い上げを図ると共に、同クラスのライバル・イヴェコとの差を広げた。最後まで果敢な走りを見せたレンジャーだったが、結局そのままの順位でダカールへ到着。クラス1創設以来の4連覇は果たしたが、カミオン部門総合では4位に終わった。

「TEAM SUGAWARA」
1号車 菅原義正/菅原照仁/松本尚子
エアメカニック 鈴木誠一
順位 ゼッケン ドライバー 車種
1 407 ロプライス タトラ
2 409 モスコフスキー カマズ
3 425 アゼヴェド タトラ
4 400 菅原義正 日野レンジャー
5 401 ビアシオン イヴェコ
6 410 バルピエール 三菱
7 414 カビロフ カマズ
8 432 ライフ マン