ダカールラリー

2017.8.25 No. PD18-14

DAKAR RALLY NEWS hearder

 

日野レンジャー1号車、ラリーモンゴリアを14位でゴール!

 8月13日~20日まで、モンゴルで開催されたラリーモンゴリアに参戦した日野レンジャー1号車は、8日間の戦いを終えて14位でゴールしました。ラリーモンゴリアの順位は、二輪・四輪・トラックの全台でタイムが争われますが、俊敏な二輪や四輪の競技車の中で、日野レンジャーは車高が高いというトラックの優位性を存分に発揮して、モンゴルの大地を駆け抜けました。目的としていた車両性能のテストも十分な結果を得ることができ、充実した実戦テストとなりました。今回のダカールニュースでは、ラリーモンゴリアのハイライトと、ドライバー、ナビゲーター、メカニック陣のコメントをお送りいたします。

main photo

 

8月13日 STAGE 1
 日野レンジャーは、ウランバートル市内で行われたスタートセレモニーに参加。応援に駆けつけた、日野自動車の保田常務が率いる応援団やチームメンバーに見送られながら、元気にスタートしました。この日は、2本のSSが予定されていましたが、SS-1が家畜の病気蔓延のためコースが封鎖され、急遽キャンセルされるという波乱の幕開けとなりました。競技車両はそのエリアを迂回し、SS-2から競技開始。日野レンジャーは、初日の251kmのSSをノートラブルで17時30分にゴールし、キャンプ地に設けられたパルクフェルメに、18時10分に収められました。マラソンステージのため、サポートメンバーは全く別の村はずれでキャンプをしており、サポートは受けられないという過酷なレースの出だしとなりました。

main photo

8月14日 STAGE 2
 1000kmを超えるマラソンステージの2日目。この日は砂丘こそありませんでしたが、枯れ川や森などバリエーションに富んだコースとなりました。日野レンジャーは、この日もノートラブルで17時15分に無事ゴール。前日の13日もマラソンステージで整備が行えなかったので、この日メカニック陣は念入りに整備を行いました。

main photo

8月15日 STAGE 3
 この日はゾーモットからシンジストまでリエゾンで移動し、SSがスタート。山岳地や枯れ川を越える2本のSSで構成され、シンジストでゴールしてからリエゾンでゾーモットへ戻る、ループコースとなりました。日野レンジャーは、前日の整備で、ショックアブソーバーをフロントへ1本ずつ足して走行。菅原義正ドライバーは、快調な走りを見せました。

8月16日 STAGE 4
 この日は深夜0時にスタートし、夜のモンゴルを駆け抜けるナイトステージを予定していましたが、予定が変更され、午前10時のスタートとなりました。日野レンジャーはショックアブソーバーの追加が功を奏して、快調に走行。しかし、20km地点でターボバンドが外れ、ターボホースが抜けるトラブルがあり、約20分のロスタイムとなりました。しかし、その後はトラブルなく走行し、無事キャンプ地に到着。メカニック陣は、日野レンジャーが到着するとすぐに、テキパキと整備を始めました。

main photo

8月17日 STAGE 5
 SS-1は枯れ川を進みピストに出るコース。SS-2は緑鮮やかなコースとなりました。日野レンジャーは昨日の整備でリーフスプリングを一枚とり、ショックアブソーバーの設定値を調整してこの日のステージに臨んだところ、サスペンションの良好な動きを確認することが出来ました。

8月18日 STAGE 6
 すべての競技車が一列に並び、一斉にスタートする迫力あるSSのスタートとなりました。この日は、川、緑、砂丘が一度に見える素晴らしい風景の中、砂丘を超えてSSのゴールを迎えるルート。日野レンジャーは、元気に一斉スタートを切り、山や砂丘を超えて無事ゴールを果たしました。

main photo

8月19日 STAGE 7
 この日はSS-1のスタート地がキャンプ地となりました。スタート後、すぐに砂丘に突入。その後、川や草原を越え、アップダウンの激しい山岳コースを通過する、バリエーション豊かなコースとなりました。雨が降って水たまりができ、SS-1で出現する川渡りでは2台ほどスタックするなど、二輪や四輪にはハードなコースとなりましたが、日野レンジャーはトラックの優位性を生かし難なくクリア、ノートラブルでゴールしました。

main photo

8月20日 STAGE 8
 最終日のこの日は140kmのSSをゴールし、日野レンジャーは無事ラリーモンゴリアを完走。ゴール後のリエゾンを経て、競技車は警察の先導のもとパレードを行い、セレモニー会場に到着。完走の証であるメダルを授与されました。

main photo

 

ラリーモンゴリア2017大会概要
 開催日程:2017年8月13日(日)~8月20日(日)
 競技区間:2934.91km
 移動区間:978.93km
 総走行距離:3913.84km

日付 ステージ スタート ゴール 競技区間 移動区間 計(㎞)
8月13日(日) ステージ1 ウランバートル ダルンザドガド 537.37 178.17 715.54
8月14日(月) ステージ2 ダルンザドガド ゾーモット 464.67 74.27 538.94
8月15日(火) ステージ3 ゾーモット ゾーモット 363.6 151.74 515.34
8月16日(水) ステージ4 ゾーモット ゾーモット 119.94 0 119.94
8月17日(木) ステージ5 ゾーモット サイハンオヴォー 444.51 95.08 539.59
8月18日(金) ステージ6 サイハンオヴォー バヤンゴビ 450.03 50.69 500.72
8月19日(土) ステージ7 バヤンゴビ ハラホリン 414.47 136.23 550.7
8月20日(日) ステージ8 ハラホリン ウランバートル 140.32 292.71 433.07
      2934.91 978.93 3913.84
 ※パレード25.88㎞含む

 

ラリーモンゴリア2017結果

  エントリー台数 完走数 完走率
二輪 32 15 46.90%
四輪 15 11 73.30%
47 26 55.30%
 ※トラックを含む

 

main photo

菅原義正ドライバー:
 サスペンションを変更したので、最初は少し心配していましたが、メカニックの皆さんがリーフスプリングを抜いてくれるなど、色々と作業をしてくれたおかげで、私が思った100%の性能が出ました。やはり、本当のラリーの現場で、整備の時間も限られた環境の中で競争をすることで、車両の性能がどう発揮されるかということを見るのは大切で、それはゆっくり走っていたのではわかりません。今回ラリーに出て完走でき、とても良い勉強になりました。

main photo

髙橋貢ナビゲーター:
 最後まで、細かいセッティングを調整しながらラリーを進めてきたおかげで、いい車ができたと思っています。ナビゲーターとしても大きなミスはなく、1つでも順位を上げようと頑張りました。次のダカールラリーに向けて、出来上がった車がどのような走りをするのか、とても楽しみです。チームとしては、シルクウェイラリー、ラリーモンゴリアと二戦に参戦してチームワークを醸成してきたので、このチームワークを生かし、また車両性能を発揮できるように、ダカールラリーでも頑張りたいと思います。

main photo

岡部陽一メカニック・サブリーダー(日野自動車 車両生技部):
 シルクウェイラリーでは2号車の整備を行いましたが、今回は1号車でしたので、ドライバーやナビゲーターとのコミュニケーションや、車両の特徴など異なる部分が多く、最初はメカニック陣も戸惑っていました。それでも、日を追うごとに習熟度が上がって、後半は安定した整備ができるようになりました。メカニック陣は、整備のスピードも上がり、整備内容も濃い仕事が出来ているので、この勢いでダカールラリーを迎えたいと思います。

鷹取英明メカニック(日野自動車 車両生技部):
 ラリーモンゴリアには初めて参戦しましたが、他のメカニックやチームメンバーと共に、問題なくラリーの最後までたどり着くことができました。この経験を今後のラリーに生かしたいと思います。

髙野雄生メカニック(群馬日野自動車) :
 シルクウェイラリーとは異なり、ラリーモンゴリアは厳しい環境だと感じることもありました。しかし、シルクウェイラリーから一緒にやってきたメンバーとのチームワークが良くなり、仕事がスムーズに進むようになったので、良かったです。これからもよりチームワークを磨き、ダカールラリーでは良い結果を残せるように頑張りたいと思います。

木下大樹メカニック(横浜日野自動車) :
 シルクウェイラリーから帰国後、すぐにラリーモンゴリア参戦となりましたが、シルクウェイラリーでの2号車、ラリーモンゴリアでの1号車と、構造の違いを理解する機会があり、充実したラリー生活でした。ダカールラリーでは2台を一度に整備しなければならないので、この経験を生かしてスムーズに整備できるよう、頑張りたいと思います。

山内愛一朗メカニック(富山日野自動車) :
 日野レンジャー1号車が大きな故障なく、無事帰ってきてくれたことが、本当に良かったと思います。また、菅原義正ドライバーが、「サスペンションの熟成を行うことができた」とおっしゃっていたので、嬉しく思います。

澁谷亮太メカニック(神戸日野自動車) :
 日野レンジャーが大きく破損することなく帰ってきてくれたので、整備もスムーズに行うことができました。シルクウェイラリーでは2号車を、ラリーモンゴリアでは1号車を整備し、整備ポイントがつかめてきたので、この経験を生かして、ダカールラリーも皆で頑張りたいと思います。

main photo