ダカールラリー

2017.6.14 No. PD18-05

DAKAR RALLY NEWS hearder

 

夏季実戦トレーニングとして2レースに参戦!

 日野チームスガワラは、夏季実戦トレーニングとして、ロシア~カザフスタン~中国で開催される「シルクウェイラリー2017」、モンゴルで行われる「ラリーモンゴリア2017」の2戦に参戦します。

main photo

シルクウェイラリーは、昨年に引き続き2度目の参戦。改良した車両性能のテストと、ドライバー、ナビゲーター、メカニックのトレーニングを目的とし、ダカールラリー本番に匹敵するほどの大規模なラリーでの実戦を通じて、チーム力向上を目指します。

■ シルクウェイラリー2017大会概要

日程: 2017年7月8日~22日
開催国: ロシア~カザフスタン~中国
距離: 競技区間/ 4088.96㎞
         移動区間/ 5518.68㎞
         総走行距離/9607.64㎞

 

 

 

 

 

<ルート>

  
日付 ステージ スタート ゴール 競技
区間※
移動
区間※
計※
7月8日(土) ステージ1 モスクワ チェボクサル
61.43
661.50
722.93
7月9日(日) ステージ2 チェボクサル ウファ
157.00
640.33
797.33
7月10日(月) ステージ3 ウファ コスタナイ(カザフスタン)
324.00
552.75
876.75
7月11日(火) ステージ4 コスタナイ アスタナ
373.22
535.58
908.80
7月12日(水) ステージ5 アスタナ セメイ
484.47
365.07
849.54
7月13日(木) ステージ6 セメイ ウルジャル
387.86
209.27
597.13
7月14日(金) ステージ7 ウルジャル カラマイ(中国)
106.60
306.30
412.90
7月15日(土) ステージ8 カラマイ ウルムチ
250.37
185.97
436.34
7月16日(日) 休息日 ウルムチ - -  
7月17日(月) ステージ9 ウルムチ ハミ
421.00
392.89
813.89
7月18日(火) ステージ10 ハミ 敦煌(トンコウ)
360.28
157.25
517.53
7月19日(水) ステージ11 敦煌 嘉峪関(カヨクカン)
488.65
295.19
783.84
7月20日(木) ステージ12 嘉峪関 アルシャー右旗
(アルシャーウキ)
254.75
229.04
483.79
7月21日(金) ステージ13 アルシャー右旗 中衛(チュウエイ)
318.66
371.65
690.31
7月22日(土) ステージ14 中衛 西安(セイアン)
100.67
615.89
716.56
     
4088.96
5518.68
9607.64
※単位はkm

 

■ 参戦体制
競技車両: 日野レンジャー2号車 1台
サポート車両: HINO700 Series ZSx1台、ハイラックスx2台
ドライバー・ナビゲーター: 菅原照仁(JRM)*1・杉浦博之(JRM)
メカニック: リーダー・鈴木誠一(JRM)、サブリーダー・岡部陽一(日野自動車 車両生技部)
                髙野雄生(群馬日野自動車)、木下大樹(横浜日野自動車)、
                山内愛一朗(富山日野自動車)、澁谷亮太(神戸日野自動車)
                *1: JRM(日本レーシングマネージメント株式会社の略)

シルクウェイラリーに参戦する菅原照仁ドライバー、杉浦博之ナビゲーターにその意気込みを語っていただきました。

菅原照仁ドライバー:
ダカールラリー本番に匹敵するほどのボリュームがあるレースなので、実戦としてとても楽しみにしています。今年は昨年以上にダカールラリーの有力なライバルチームが参戦するので、上位とのタイム差にこだわり、どこまで戦えるかということにこだわっていきたいと思います。また、昨年から参戦しましたが、メカニックの夏の合宿という意味合いもあり、ダカールラリー2018に向けた新しいチームで戦う最初のレースになるので、チーム作りとしても大切なレースであると考えています。

杉浦博之ナビゲーター:
車両が速くなってきていて、ライバル勢にぐっと近づいているという感覚があります。シルクウェイラリーはダカールラリーに出場している有力チームも参戦するので、その中でトップ陣営を目指して頑張ります。


また、例年は菅原照仁氏が日野レンジャーで参戦し、菅原義正氏はジムニーなど別の車両で参戦しているラリーモンゴリアですが、今年は、菅原義正氏が初めて日野レンジャーで参戦します。

■ ラリーモンゴリア2017 大会概要

日程: 2017年8月7日~13日
開催国: モンゴル
距離: 3,800㎞
ルート: 首都ウランバートル発着

※画像はRM2017 – デキルダケ日刊ONLINE SSER PRESS (http://www.sser.org/?cat=95)より抜粋

 

 

 

■ 参戦体制
競技車両: 日野レンジャー1号車 1台
サポート車両: HINO700 Series ZSx1台、ランドクルーザーx2台
ドライバー・ナビゲーター: 菅原義正(JRM)*1・髙橋貢(JRM)
メカニック: サブリーダー・岡部陽一(日野自動車 車両生技部)
                髙野雄生(群馬日野自動車)、木下大樹(横浜日野自動車)、
                山内愛一朗(富山日野自動車)、澁谷亮太(神戸日野自動車)、
                鷹取英明(日野自動車 車両生技部)
                *1: JRM(日本レーシングマネージメント株式会社の略)

ラリーモンゴリア2017に参戦する菅原義正ドライバー、髙橋貢ナビゲーターにその意気込みを語っていただきました。

菅原義正ドライバー:
今回、初めて日野レンジャーでラリーモンゴリアに参戦します。車の改良を行った部分をしっかり確認し、その結果をきちんとダカールラリーにつなげていきたいと思っています。参戦する販売会社メカニックの皆さんには、整備はもちろん大切ですが、各国の文化などもきちんと勉強し体感して頂きたいですね。

髙橋貢ナビゲーター:
ラリーモンゴリアには過去にも参戦していますが、日野レンジャーで参戦するのは初めてですので、楽しみにしています。モンゴルの道は草の丈が高く、モンゴル特有のコースの見難さがあるのですが、車高が高い車だとナビゲーションが有利になります。そういった点でも楽しみですね。メカニックは、まずはシルクウェイラリーに参戦するので、ぜひそこでしっかり経験を積んで頂いて、自信をつけてラリーモンゴリアに臨んでもらいたいと思います。

 

2017年大会に挑む販売会社メカニックが決定

 2017年5月下旬に、日野自動車羽村テストコースにて、次回のダカールラリーに参戦する販売会社メカニックの選考会が行われ、4人のメカニックが決定いたしました。群馬日野自動車、富山日野自動車、神戸日野自動車からダカールラリー参戦メカニックが選出されたのは初めてとなります。販売会社メカニックは6月上旬にチームに合流し、車両製作、夏季実戦テストを経て、次回のダカールラリー2018に挑みます。

main photo

2018年大会に挑む販売会社メカニック
左から髙野雄生(群馬日野自動車)、木下大樹(横浜日野自動車)、山内愛一朗(富山日野自動車)、澁谷亮太(神戸日野自動車) 敬称略

 今後のダカールニュースで、メカニックのみなさんに夏季実戦トレーニングやダカールラリーへの意気込み、目標などを語っていただく予定ですので、お楽しみに!