ダカールラリー

2017.4.27 No. PD18-03

DAKAR RALLY NEWS hearder

 

ダカールラリー2018コース概要が決定!

 ダカールラリー2018の大会概要が、主催者であるA.S.Oより発表されました。次回は、ダカールラリー40回目、そして南米に舞台が移って10回目という節目の記念すべき大会となります。

main photo
ダカールラリー2018 コースマップ

   A.S.Oは、ダカールラリー2018の開催国に、2013年以来5年ぶりとなるペルーを加えることを発表しました。ダカールラリー2018は、ペルー、ボリビア、アルゼンチンの3カ国での開催となります。レースは、ペルーの首都リマからスタートし、ボリビアに向かってアンデス山脈を南下、チチカカ湖の脇を通り、標高3600mのボリビアの首都ラパスで休息日を迎えます。その後、ボリビアを縦断し、アルゼンチンの第2の都市コルドバでゴールを迎えるという全14ステージでの戦いとなります。また、次回大会は、ループコース(スタート地とゴール地が同ビバーク地となるコース)が2ステージ、マラソンステージ(連続する2ステージ間のビバーク地でアシスタンス車両のサポートが受けられないステージ)があることが特徴です。高地や砂丘が待ち受け、3ヶ国の地形が全く異なる特徴を持った次回のコースも、非常に過酷なレースとなることが予想されます。

ダカールラリー2018大会概要

開催国   :ペルー・ボリビア・アルゼンチン
走行距離 :未発表
日程     :2018年1月6日 スタート (ペルー・リマ)
               2018年1月12日 休息日 (ボリビア・ラパス)
               2018年1月20日 ゴール (アルゼンチン・コルドバ)

<ルート>

      
日付 ステージ スタート ゴール
1月6日(土) ステージ1 リマ(ペルー) ピスコ
1月7日(日) ステージ2 ピスコ ピスコ
1月8日(月) ステージ3 ピスコ サン・ファン・デ・マルコナ
1月9日(火) ステージ4 サン・ファン・デ・マルコナ サン・ファン・デ・マルコナ
1月10日(水) ステージ5 サン・ファン・デ・マルコナ アレキパ
1月11日(木) ステージ6 アレキパ ラパス(ボリビア)
1月12日(金) 休息日 ラパス
1月13日(土) ステージ7 ラパス ウユニ
1月14日(日) ステージ8 ウユニ トゥピサ
1月15日(月) ステージ9 トゥピサ サルタ(アルゼンチン)
1月16日(火) ステージ10 サルタ(アルゼンチン) ベレン
1月17日(水) ステージ11 ベレン チレシト
1月18日(木) ステージ12 チレシト サンフアン
1月19日(金) ステージ13 サンフアン コルドバ
1月20日(土) ステージ14 コルドバ コルドバ


◆「Dakar Rally World Tour in TOKYO 2017」開催

photo

 スペイン、オランダ、イタリア、中国を回った「ダカールラリーワールドツアー」が4月22日(土)に東京で開催され、A.S.Oの担当者が来日し、次回のダカールラリー2018のコース概要などのプレゼンテーションを行いました。また、ダカールラリーに関係の深い日本人として、日野チームスガワラの菅原義正氏、照仁氏の親子ドライバーと、ダカールラリーに日本人として初めて参戦した風間深志氏がトークショーを行い、今年初めてダカールラリーに参戦した息子の晋之介氏もビデオ通話で参加し、親子対談が実現しました。菅原義正氏は、ダカールラリーの魅力について「この次はうまくいくだろうと思って参戦するが、なかなかうまくいかない。終わりがないところが魅力だ。」と語りました。また照仁氏は、親子で参戦することについて、「最初は、父の車に乗り、父がドライバー、自分がナビゲーターとしてレースに参戦した。その時は、それほど感じなかったが、2台体制となり、自分がドライバーとして乗ることになった時、責任の重さを痛感し、父の偉大さを感じた。」と語りました。