ダカールラリー

2016.6.6 No. PD17-1

DAKAR RALLY NEWS hearder

 

ダカールラリー2017に向け活動開始 ~トレーニング戦の追加・販社メカニック決定~

   次回のダカールラリー2017の開催国が決定し、日野チームスガワラは26回連続完走・クラス8連覇に向けて活動を開始、2017年大会に向けて、車両性能の向上とともに夏季のトレーニングを強化します。また、全国の日野販売会社から、レースを支えるメカニックが公募・選抜され、チームに合流しました。ぜひ、皆様の熱い応援をお願いします!

main photo
ダカールラリー2017 コースマップ

 

ダカールラリー2017の概要が決定

   2017年のダカールラリーの開催国とルートが決定しました。2009年に南米大陸に舞台を移して以来、初めてパラグアイが開催国に加わり、アルゼンチンとボリビアとあわせて3か国での開催となります。
   レースは、2017年1月2日にパラグアイの首都アスンシオンをスタートしアルゼンチン国境を目指し南下。アルゼンチンに入った後、ボリビアの国境に向け北上します。ボリビアに入国後は、標高3,500m以上を維持しながら首都ラパスまで北上し、1月8日に休息日を迎えます。後半戦がスタートすると、標高4,000mを超えるアンデス山脈の東側を南下し、ウユニ塩湖の脇を抜け、再びアルゼンチンに入国。アルゼンチン西部のフィアンバラの砂漠地帯でレースのハイライトを迎えます。13日間の激闘を終えた後、競技者達は同国の首都ブエノスアイレスで、1月14日にゴールセレモニーで観衆の祝福を受けます。
   約8,000㎞を超えるルートが設定され、ボリビアの高地で4ステージが行われるなど、次回のダカールラリーも世界一過酷なレースとなることが予想されます。

<ルート>

日付 ステージ スタート ゴール
1月2日(月) スタートセレモニー・ステージ1 アスンシオン(パラグアイ) レジステンシア(アルゼンチン)
1月3日(火) ステージ2 レジステンシア トゥクマン
1月4日(水) ステージ3 トゥクマン フフイ
1月5日(木) ステージ4 フフイ トゥピサ(ボリビア)
1月6日(金) ステージ5 トゥピサ オルロ
1月7日(土) ステージ6 オルロ ラパス
1月8日(日) 休息日 ラパス
1月9日(月) ステージ7 ラパス ウユニ
1月10日(火) ステージ8 ウユニ サルタ(アルゼンチン)
1月11日(水) ステージ9 サルタ チレシト
1月12日(木) ステージ10 チレシト サンフアン
1月13日(金) ステージ11 サンフアン リオクアルト
1月14日(土) ステージ12・ゴールセレモニー リオクアルト ブエノスアイレス

 

「シルクウェイラリー2016~ロシア・カザフスタン・中国~」に参戦
~ラリーモンゴリア2016に加えトレーニング戦として追加~

   日野チームスガワラは、2016年7月8日~23日に、ロシア・カザフスタン・中国で行われるシルクウェイラリー2016に初めて参戦します。
   日野チームスガワラは、ダカールラリーを見据えた夏季のトレーニングを兼ねて例年参戦しているラリーモンゴリアに加えて、ライバルが多く、砂漠ステージの多いシルクウェイラリーに参戦し、ドライバーとメカニックのスキル向上と、改良した車両性能のテストを行います。
   参戦体制は、日野レンジャー2号車が1台で参戦し、ドライバーに菅原照仁さん、ナビゲーターに杉浦博之さんが乗車。メカニックは、鈴木誠一さん*がメカニックリーダー、中村昌樹さんがサブリーダーを引き続き担当し、日野の全国販売会社から公募選抜された4人と新たに日野自動車から1人*が、3台のサポートカーに乗り込み、レースを支えます。
   6月5日に、日野チームスガワラは、日野自動車の茨城テストコースで完成した日野レンジャー2号車のシェイクダウンを行い、車両性能の確かな向上を確認。現在、スタート地点であるモスクワへ向けて出発を待つばかりです。
ラリーモンゴリア2016は欠場

 

シェイクダウンをする日野レンジャー2号車 健闘を誓う菅原照仁ドライバー(右)と
杉浦博之ナビゲーター(左)

 

■ シルクウェイラリー2016~ロシア・カザフスタン・中国~ 大会概要

日程: 2016年7月8日~23日
開催国: ロシア~カザフスタン~中国
距離: 競技区間/ 4,105㎞
         移動区間/ 6,675㎞
         総走行距離/10,780㎞

 

 

 

 

 

<ルート>

日付 ステージ スタート ゴール 競技
区間
移動
区間
計(km)
7月8日(金) スタート
セレモニー
モスクワ「赤の広場」(ロシア) - - -
7月9日(土) ステージ1 モスクワ カザン 2 852 853
7月10日(日) ステージ2 カザン ウファ(カザフスタン) 136 486 622
7月11日(月) ステージ3 ウファ コスタネイ 200 612 812
7月12日(火) ステージ4 コスタネイ アスタナ 345 510 856
7月13日(水) ステージ5 アスタナ バルカッシュ 569 252 821
7月14日(木) ステージ6 バルカッシュ アルマティ 411 445 856
7月15日(金) 休息日 アルマティ - -  
7月16日(土) ステージ7 アルマティ ボルタラ(中国) 77 534 610
7月17日(日) ステージ8 ボルタラ ウルムチ 257 572 829
7月18日(月) ステージ9 ウルムチ ハミ 384 383 767
7月19日(火) ステージ10 ハミ ドゥンファン 340 144 484
7月20日(水) ステージ11 ドゥンファン ジャーユーグァン 330 259 590
7月21日(木) ステージ12 ジャーユーグァン アルシャー 425 253 678
7月22日(金) ステージ13 アルシャー ウーハイ 367 368 735
7月23日(土) ステージ14 ウーハイ ウフホト 261 513 774
7月24日(日) ステージ15・
ゴール
セレモニー
ウフホト ペキン 0 490 490
      4,105 6,675 10,780

 

■ ラリーモンゴリア2016 大会概要

日程: 2016年8月7日~14日
開催国: モンゴル
距離: 3,800㎞(区間別距離は未公表)
ルート: 首都ウランバートル発着

 

 

 

 

■ 参戦体制
競技車両: 日野レンジャー2号車 1台
サポート車両: 日野プロフィア(FU) 1台、 ハイラックス 2台
ドライバー・ナビゲーター: 菅原照仁(JRM)*1・杉浦博之(JRM)
メカニック: リーダー・鈴木誠一(JRM)*2、サブリーダー・中村昌樹(日野自動車 車両生技部)
                吾妻広之(福島日野自動車)*3、中村浩司(石川日野自動車)、
                井上順也(岡山日野自動車)*3、國本賢治(広島日野自動車)、
                岡部陽一(日野自動車 車両生技部)*2
                *1: JRM(日本レーシングマネージメント株式会社の略)
                *2: ラリーモンゴリア2016は欠場
                *3: 販売会社としてダカールラリーメカニックに初選出

 

2017年大会に挑む販売会社メカニックが決定

   2016年5月下旬に、日野自動車の羽村工場で販売会社メカニックの選考会が行われ、4人のメカニックが決定しました。日野自動車は、サービス技術力の向上を目的とし、1995年から全国の販売会社から公募選抜し、レースメカニックとして派遣する制度を開始。ダカールラリーの出場経験のあるメカニックが全国に延べ47人、今回決定した4人を合わせて、延べ51人となります。
   6月上旬に、4人のメカニックはチームに合流し、車両製作やトレーニング戦に参戦し、ダカールラリー本番に向け準備を行ってゆきます。

main photo

2017年大会に挑む販売会社メカニック
(敬称略。左から、福島日野・吾妻、石川日野・中村、岡山日野・井上、広島日野・國本)