ダカールラリー

2016.1.16 No. PD16-24

DAKAR RALLY NEWS hearder

 

2号車が累積順位の総合13位に浮上

2台揃って無事最終ビバーク地ヴィラ・カルロス・パスに到着

 ダカールラリー2016もあと2日。この日はサン・ファンから最終ビバーク地ヴィラ・カルロス・パスへの行程で267㎞のSS(競技区間)が行われた。SSの舞台はコルドバ近郊の山間地でツイスティな山岳路が中心。幅の狭いところも多く、2輪・4輪の481㎞に対してトラック部門は途中で分岐して終了する267㎞と短めの設定になっていた。それでもSSスタートまでのリエゾン(移動区間)が414㎞と長く、SS終了後の185㎞を含めた全行程は866㎞で(トラック部門の)今大会最長であった。

main photo
2号車 菅原照仁/杉浦博之組

 

 後半戦に入って連日のSSで総合9位、14位、13位と大型のライバル勢に分け入る好成績を記録。難易度の高いステージで持ち前の速さを発揮している日野チームスガワラの日野レンジャー2号車菅原照仁/杉浦博之組は、この日も果敢な走りを見せ、トラック部門の総合20位/排気量10リットル未満クラス1位でゴール。累積順位を総合13位/クラス1位として気を吐いた。

 一方、大ベテランの菅原義正が若手の高橋貢とコンビを組む1号車は引き続き確かな走りを見せ、ノートラブルで総合35位/クラス3位でSSを終了。累積順位は総合30位/クラス2位となった。

 ヴィラ・カルロス・パスのビバーク地は3日に立ち寄ったのと同じ湖畔のキャンプ場。明日はロザリオでゴールを迎えるが、手前で180㎞の最終競技区間が用意されており、気は抜けない。日野チームのメカニックたちはとりわけ入念に本番中の最終整備を行った。

 

菅原義正/長い一日になると覚悟してきましたが、思いのほか順調にヴィラ・カルロス・パスに到着出来ました。最後のリエゾンで街中の渋滞がひどく、そちらのほうが苦痛でした。明日も慎重に走って必ずゴールします。

高橋貢/あと2日。ここまで積み重ねてきた結果をトラブルやアクシデントでふいにしてはいけないと、ことさら慎重にやってきました。明日もゴールに向けて緊張すると思いますが、頑張ります。

菅原照仁/山の中で結構埃が晴れず、視界に影響。道は狭く意外にハイスピードではないコースでした。そんな中でも大型のライバル勢と互角に走ることが出来、改めて手ごたえを感じています。

杉浦博之/ナビゲーションとしては難しくはありませんが、村の通過で速度制限がかかる場所が多く、気を遣いました。明日のSSは降雨による変更指示が多いのが気になります。

 

main photo
1号車 菅原義正/高橋貢組

main photo
最後のビバークで工具の整理をするメカニックたち

 

■ HINO TEAM SUGAWARA 公式Facebookページ
チームスタッフが、デイリーレースレポートの更新情報やキャンプ地でのひとコマなどを配信予定です。
URL: http://www.facebook.com/HINO.Team.Sugawara (日本語・英語共通)

■ HINO TEAM SUGAWARA 応援メッセージページ
ウェブサイト訪問者が、選手に応援メッセージを送ることができます。ファンの方からのメッセージが、チームにとっての原動力。チームメンバーが、毎日キャンプ地で読ませていただいていますので、ぜひよろしくお願いします。
URL: http://www.teamsugawara.jp/ (日本語・英語共通)

■ ダカールラリー主催者 A.S.O.公式サイト
レース期間中は公式サイトのトップページ上段に「LIVE」というタブが表示され、毎日のレース情報はここに掲載されます。
URL: http://www.dakar.com/dakar/2016/us/ (フランス語・英語・スペイン語)

 

main photo