ダカールラリー

2015.12.23 No. PD16-08

DAKAR RALLY NEWS hearder

 

ダカールラリー2016出場台数とコースの詳細が決定

ダカールラリー2016の出場台数とコースの詳細が発表されました。2016年大会は、前回比15%減の合計354台のレーシングマシンが出場します。トラック部門の走行距離は、競技区間は4,320㎞、移動区間は4,719kmとなり、前回に比べ880㎞延長された合計9,039㎞で順位が競われます。

main photo
車検を終えた日野チームスガワラの「HINO700 ZS」と「ハイラックス」

 

日野レンジャー1号車はゼッケン「528」、2号車は「519」

全部門の出場車両と出場選手が決定し、ゼッケンが発表されました。ダカールラリーのゼッケンは部門ごとに数字の割り振りがされており、前回大会の順位をもとに小さい番号から割り当てられます。2輪部門は1番から、クワッド部門は250番、4輪部門は300番、トラック部門は500番から始まります。それ以外にも、大会運営車やチームのサポートカーにもゼッケンが割り当てられていきます。日野レンジャーの1号車は528番、2号車は519番が割り当てられました。出場車両はすべての部門で減少し総勢355台となりました。トラック部門は、前回比12%減の56台がエントリーしました。ヨーロッパからの出場車両は、11月下旬にフランスで車検を受けたのちに、船積みされアルゼンチンへ向けて出港しました。

DAF GINAF IVECO KAMAZ HINO LIAZ
6 4 6 4 2 1
MAN MAZ MERCEDES RENAULT
TRUCK
SCANIA TATRA
16 3 1 4 1 8

 

コースの詳細が決定、マーク・コマによる初めてのコース設定

一人で運転しなければならないため、他部門以上にドライビングテクニックとナビゲーションテクニックが問われる2輪部門で、5度の総合優勝を経験したマーク・コマ(スペイン)が主催者のスポーツディレクターに就任し、ダカールラリーのコース設定を初めて行いました。今大会では、チリとペルーが開催を辞退し、同国の有する広大な砂漠での戦いが無くなり、アンデス山脈やパンパなどが主戦場となるため、山岳地帯のツイスティなワインディングや逃げ場のない細道に待ち受けるフェシュフェシュ(パウダー状の砂)などが選手の行く手を阻みます。

  スタート ゴール トラック部門 走行距離(KM)
競技区間 移動区間 合計
1月2日(土) スタートセレモニー ブエノスアイレス ロサリオ 競技なし 未発表 未発表
3日(日) ステージ1 ロサリオ ビジャカルロスパス 258 404 662
4日(月) ステージ2 ビジャカルロスパス テルマスリオオンド 521 337 858
5日(火) ステージ3 テルマスリオオンド フフイ 314 349 663
6日(水) ステージ4 フフイ フフイ 418 201 619
7日(木) ステージ5 フフイ ウユニ(ボリビア) 327 315 642
8日(金) ステージ6 ウユニ ウユニ 295 305 600
9日(土) ステージ7 ウユニ サルタ(アルゼンチン) 353 440 793
10日(日) 休息日 サルタ - - -
11日(月) ステージ8 サルタ ベレン 393 373 766
12日(火) ステージ9 ベレン ベレン 285 111 396
13日(水) ステージ10 ベレン ラリオハ 278 485 763
14日(木) ステージ11 ラリオハ サンフアン 431 281 712
15日(金) ステージ12 サンフアン ビジャカルロスパス 267 599 866
16日(土) ステージ13・ ビジャカルロスパス ロサリオ 180 519 699
ゴールセレモニー
合計 4320 4719 9039