ダカールラリー

最新ニュース

2014年1月16日

ダカールラリー2014 レースレポート「第10ステージ」


山場の1日目、アタカマの砂丘を快走
2号車がSS16位の高順位でゴール。1号車も慎重に走行中
 

 15日、チリのイキケ~アントファガスタの間で631kmの競技が行われた。SSは途中に185kmのニュートラルゾーンを挟み、前半の231kmと後半の215kmで構成。前半の231kmには70kmに及ぶ砂丘があり、その後はハイスピードコースに。ところどころフェシュフェシュも現れ、走破する難易度とともに長く埃の酷い一日となった。


1号車:菅原義正/羽村勝美組

 日野チームスガワラの日野レンジャーはこの難所で本来のポテンシャルを発揮。2号車菅原照仁/杉浦博之組は序盤の砂丘を手堅くクリアし、直後のCP(チェックポイント)1までに11番手まで浮上。その後加速力勝負のハイスピード区間で大型車のライバル勢に先行されたが総合16位・排気量10リットル未満クラス首位でフィニッシュした。

 一方、1号車も前半部分を34位で終了。続いて後半部分を33位で走り始めたが原稿を作成している午後9時40分の時点で終盤のCPを通過していない。トラブルなどの連絡はないため走行中と思われるがビバークへの到着は23時過ぎになりそうだ。

 16日はエル・サルヴァドルまでの間にコピアポ周辺の砂丘を含む605kmのSSが予定されている。同区間は途中120kmにわたって続く砂丘など、今大会最大の難所と予想される。海岸沿いに設営されたアントファガスタのビバークで日野チームは全員が改めて気持ちを引き締め、粛々と準備作業を進めていた。

 

菅原照仁/本当に大変なのは明日のコピアポ周辺だと思います。そこを見据えて準備をしてきたので大丈夫。気持も余裕を持って臨みます。1号車が未着ですが、しっかり走っているはずなので大丈夫です。

杉浦博之/今日の砂丘は上手く抜けられました。そのあとのGPSポイントが拾えなくて戻ったりしましたが、まずまずでした。

 

フォトギャラリー


1号車:菅原義正/羽村勝美組


1号車:菅原義正/羽村勝美組


2号車:菅原照仁/杉浦博之組


アントファガスタのビバーク


午後7時半すぎにビバークに到着した2号車


無事難所をクリアした菅原照仁


アントファガスタのビバークに着いて一息つく杉浦博之


作業の段取りを話合うメカニックたち

 

ルートマップ



 

関連リンク

ダカールラリー公式サイト(英語・フランス語・スペイン語)
http://www.dakar.com/

選手に応援メッセージを送ろう
http://www.teamsugawara.jp/cgi-bin/index.cgi

HINO TEAM SUGAWARA 公式facebookページ
http://www.facebook.com/HINO.Team.Sugawara

専門用語集
http://www.hino.co.jp/dakar/about/terminology.html

 

テレビ放送のお知らせ

全国TBS系列 「朝ズバッ!」
・放送日: 1月7日(火)~21(火)の土・日曜日を除く毎日
・放送時間: いずれも6:30~7:00頃のスポーツコーナー※
・放送内容: 毎日のレースハイライトと、HINO TEAM SUGAWARAの順位速報。
  ※重大なニュースなどにより番組内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

 そのほか、J SPORTS 3(http://www.jsports.co.jp/)でも放送されます。詳しくは「ダカールラリー2013 テレビ放送&インターネット観戦ガイド(http://www.hino.co.jp/dakar/dakar/latest_news/PD14-12.html)」をご覧ください。

NEW 追加情報:全国TBS系列 「朝ズバッ!」
・6:30~7:00頃のスポーツコーナー以外に、5:45~6:00頃のスポーツコーナーで放映される場合があります

J SPORTS 3
・1月20日(月)25:45より、ゴールセレモニーのポディウム(表彰台)の様子を放映

 

※本ニュースに記載されているラリー用車両は、ダカールラリー用に特別に設計・チューニング・改造された車両であり、特に明記がない限り市販車の仕様とは異なります。