ダカールラリー

最新ニュース

2011年01月03日

ダカールラリー2011、「第1ステージ」(動画追加)

1月2日 ヴィクトリア~コルドバ
競技区間(SS):222km 移動区間(リエゾン):566km

ツイスティな山間コースを無事にクリア
2011年ダカールラリーの本格的な競技がスタート

2日の行程はヴィクトリア~コルドバ。ステージ後半に設定された222kmのSSでいよいよ2011年ダカールラリーの本格的な競技がスタートした。この日のSSは昨年のコルドバに向かったコースと殆ど同じで堅いグラベル路面の一本道。大半はツイスティな山間部を行くもので道幅も狭く、追い越しは難しい。ミスコースのリスクは高くないが、途中から降り出した雨で路面は滑りやすく、コースアウトする車両が相次ぐなどおよそカミオンには向かないステージであった。なお、2輪と4輪バイク(クワッド)は86km地点と178km地点の2箇所でショートカットするような形で別のルートを採り、SS距離は30km短くなっている。

このSSを日野チームスガワラの2台の日野レンジャーは慎重にクリア。ことさらペースを抑えた1号車菅原義正/杉浦博之組はトラック部門総合で42位、2号車菅原照仁/鈴木誠一組は同部門総合21位で無事ゴールした。すっかり日の暮れた9時すぎにビバークに到着した2台はダメージもなく、チームにとっては初日として予定通りの結果である。

菅原義正/あぶないステージで意識的にペースを落として足慣らしをしてきました。杉浦ナビとのコンビもばっちりで全く問題ないです。それにしてもトップの人たちが大勢止まっているのを見ました。

菅原照仁/出来ることをやってきた感じです。雨は上がっていましたが中盤はとくにぬかるみが酷くて…。コースはおそらく去年と殆ど同じだと思います。ブレーキとエンジンの改良のおかげでとても気持ちよく走れています。

鈴木誠一/クルマは全く問題なし。ブレーキシューを効きの良いものに換えたのは効果が大きいようですね。ナビゲーションも問題ありませんが、指示が細かかったです。

トラック部門 SS順位
順位 No. ドライバー メーカー タイム
1 500 CHAGIN (RUS) KAMAZ 2:44:22
2 504 LOPRAIS (CZE) TATRA 2:49:03
3 502 KABIROV (RUS) KAMAZ 2:50:14
4 512 NIKOLAEV (RUS) KAMAZ 2:53:38
5 508 DE AZEVEDO (BRA) TATRA 2:54:57
21 526 Teru SUGAWARA (JPN) HINO 3:21:06
42 513 Yoshi SUGAWARA (JPN) HINO 3:48:44
※順位はレポート執筆後に更新(修正)されることがありますので、ご了承ください。

デイリー動画はこちら
http://www.hino.co.jp/dakar/gallery/video.html

 
1号車菅原義正/杉浦博之組


2号車菅原照仁/鈴木誠一組


万全の走りで初日を走りきった菅原照仁


整備内容を打ち合わせる門馬/橋場メカニック


順調に初日を終えた菅原義正


夜9時頃コルドバのビバークに到着した日野レンジャー


ヴィクトリア~コルドバ

選手に応援メッセージを送ろう
http://www.teamsugawara.jp/cgi-bin/tsbbs11.cgi

HINOダカールサイト
http://www.hino.co.jp/dakar/index.html

専門用語はこちら
http://www.hino.co.jp/dakar/about/terminology.html
 

※本ニュースに記載されているラリー用車両は、ダカールラリー用に特別に設計・チューニング・改造された車両であり、特に明記がない限り市販車の仕様とは異なります。