ダカールラリー

最新ニュース

2013年01月07日

ダカールラリー2013 レースレポート「第2ステージ」


ピスコの砂丘で本格的競技がスタート
2号車がSS21位で連続クラストップ
累計順位で排気量10リットル未満ワン・ツーに
  

 6日はペルーのピスコを基点とするループ状のコースで242kmの競技が行われた。ループといっても85kmのリエゾンで南東側に移動したあとSSでビバークに戻ってくる形で、最後は前日のSSと同じビバーク周辺の砂丘を越えてゴールする。極端に難易度が高いわけではないが、本格的な競技の初日として日野チームスガワラの2台の日野レンジャー(輸出名HINO500Series)は慎重にこのステージに臨んだ。

 トラック部門の23番手でSSスタートを切った2号車菅原照仁/杉浦博之組は75km地点のウェイポイントが見つけにくい場所で数分タイムロスを喫したほかは順調に進み、同部門総合22位、排気量10リットル未満クラストップでゴール。スタートからの累計順位を総合21位・クラス1位とした。また、38番手で走り出した1号車菅原義正/羽村勝美組は水温上昇傾向からペースを抑えたことも功を奏して砂丘をスムーズにクリア。総合30位、クラス3位でピスコに戻り、累計順位は総合28位に浮上。排気量10リットル未満クラスの2位にポジションを上げて2号車とのワン・ツー体制とした。

 今回のダカールラリーは序盤のペルーステージで難度の高い砂丘がふんだんに登場する。ナスカへ向かう7日の行程はこの日以上に難しい砂丘地帯を通過する模様。車両は至って快調だが、ビバークでは日野メカニックたちが夜半まで入念な整備作業を行っていた。

 
菅原義正/電子制御のエンジンになって初めて本格的な砂丘を走りましたが、アクセルコントロールがしやすくて乗りやすいのにびっくり。少々水温が高めだったのでペースを抑え、2速で砂丘にアプローチしたら、安全確実に走れました。

羽村勝美/最後のウェイポイントをちゃんと取ったのに主催者のミスで取れていないと言われ、一時は泣きそうになりました。でもちゃんと確認してもらえて、ほっとしました。

菅原照仁/75km地点でエルグの筋を見違えて迷い、15~20分くらいロスしました。砂丘は予想通りで、すごく難しいというものではなかった。問題は明日からの2日間で、難易度の高い砂丘がありそうです。

杉浦博之/まだ照仁さんのペースにナビゲーションが合わせきれてない部分があるようです。明日は前回大会時の逆走のようですが、序盤の砂丘は難しそう。明日も頑張ります。


※順位はレポート執筆後に更新(修正)されることがありますので、ご了承ください。

最新順位はダカールラリー公式サイトをご参照ください。
・SS順位: http://www.dakar.com/dakar/2013/us/stage-2/rankings/stage-trucks.html#ancre
・累計順位: http://www.dakar.com/dakar/2013/us/stage-2/rankings/overall-trucks.html#ancre
 

ルートマップ(クリックすると大きな地図が表示されます)


 

フォトギャラリー


順調にSSを走り切った菅原照仁


ビバークに到着したあと燃料補給に向かう1号車


SSを終えて照仁に状況を話す菅原義正


夜半まで整備作業の続く日野チームのビバーク
 

関連リンク

ダカールラリー公式サイト(英語・フランス語・スペイン語)
http://www.dakar.com/

選手に応援メッセージを送ろう
http://www.teamsugawara.jp/cgi-bin/tsbbs13.cgi

HINO TEAM SUGAWARA 公式facebookページ
http://www.facebook.com/HINO.Team.Sugawara

専門用語はこちら
http://www.hino.co.jp/dakar/about/terminology.html
 

テレビ放送のお知らせ

全国TBS系列 「みのもんたの朝ズバッ!」
・放送日: 1月7日(月)~21(月)の土・日曜日を除く毎日
・放送時間: いずれも6:30~7:00頃のスポーツコーナー※
・放送内容: 毎日のレースハイライトと、HINO TEAM SUGAWARAの順位速報。
  ※重大なニュースなどにより番組内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

そのほか、J SPORTS 3でも放送されます。
詳しくは「ダカールラリー2013 テレビ放送&インターネット観戦ガイド」をご覧ください。
http://www.hino.co.jp/dakar/latest_news/64.html

 

※本ニュースに記載されているラリー用車両は、ダカールラリー用に特別に設計・チューニング・改造された車両であり、特に明記がない限り市販車の仕様とは異なります。