ダカールラリー

最新ニュース

2011年01月07日

ダカールラリー2011、「第5ステージ」

1月6日、カラマ~イキケ
競技区間(SS):423km 移動区間(リエゾン):36km

本格的砂丘ステージで排気量10Lクラスをワン・ツーフィニッシュ
日野レンジャーの優れた機動性を生かして難関をクリア

6日はチリのカラマ~イキケ。チリに入った5日からは道を外れてオフロードを走るオフピスト区間が登場。さらにこの日からは4輪部門とトラック部門が混走でスタートし、砂丘も通過するなど、本来のダカールらしいステージとなってきた。5日までは4輪部門のあとからスタートを切っていたため、これによりトラックがSSを走る時間帯が大幅に早まることになる。

423kmのSSはカラマ付近の標高3300m地点をスタートし、山を下りながら石混じりのバンピーな路面を行くもの。途中にはフカフカの砂地(フェシュフェシュ)があり、最後は2010年大会と同じ砂丘に入り、標高1000mから海岸のビバークまで僅か2.3kmで一気に下ってビバークの東側にゴールするという度胸試しのような区間が設定されていた。

トラック部門市販車クラスに2台の日野レンジャーで参戦している日野チームスガワラはこのステージで軽量コンパクトな車体の機動性を生かして躍進。2号車菅原照仁/鈴木誠一組が大型勢に分け入るトラック部門のSS総合9位/市販車クラス1位/10リットル以下1位を獲得。菅原義正/杉浦博之組の1号車も同じく総合15位/市販車3位/10リットル以下2位と健闘し、今大会で初のSSワン・ツーフィニッシュを達成した。累計順位については原稿製作時点では未着車両が多いため、あくまで暫定だが、2号車は累計順位でトラック総合の13位/市販車部門2位/10リットル以下クラスの首位に浮上、1号車も総合19位/市販車部門4位/10 リットル以下の2番手にポジションを上げる可能性が出てきた。

明日7日はイキケからペルー国境付近まで北上してアリカへと至る。休息日を控えた前半戦の最終日だけに難易度の高い設定が予想されており、イキケのビバークで日野自動車ならびに全国の販売会社から選抜された5名のメカニックたちは入念な点検整備を行っていた。

菅原義正/今日の砂丘も落ち着いて走れました。やはり軽量でパワーのある日野レンジャーはこうした砂のステージで強さを発揮してくれます。溝の浅いタイプのタイヤをチョイスしていることも奏功したと思います。ともあれ明日は難関なのでペースを抑えてでも確実にゴールする所存です。

杉浦博之/GPSのウェイポイントを通過しないとペナルティの対象なのですが、砂漠の中でラインを合わせて走るのは難しかった。おかげでポイントは全てクリア。砂丘での菅原ドライバーの走りは本当に慣れていて安心感がありました。

菅原照仁/(砂丘に入った)今日が我々にとってはスタートのようなもの。いつも通りのペースでミスなく頑張ってきました。バンピーで埃が酷いのには閉口しましたが、砂はイメージ通りで厳しくありませんでした。ポジションが大きく上がったのはライバルのミスコースが多かったのも一因と思います。

鈴木誠一/GPSのウェイポイント通過と認められるポイントの半径距離が3kmから800m に狭められたため、ナビは大変でした。標高の高いところで負荷の高い区間もありましたが、電動ファンを使ったら水温は思ったほど上がらず、安心しました。


トラック部門 ステージ順位
順位 No. ドライバー メーカー タイム
総合 * **
1     502 KABIROV (RUS) KAMAZ 5:41:11
2     512 NIKOLAEV (RUS) KAMAZ 6:01:16
3     504 LOPRAIS (CZE) TATRA 6:02:36
4     500 CHAGIN (RUS) KAMAZ 6:03:28
5     507 ECHTER (DEU) MAN 6:06:59
9 1 1 526 Teru SUGAWARA (JPN) HINO 7:27:10
10 2   528 BEHRINGER (DEU) MAN 7:36:56
15 3 2 513 Yoshi SUGAWARA (JPN) HINO 8:13:57
トラック部門 累計順位
順位 No. ドライバー メーカー タイム
総合 * **
1     502 KABIROV (RUS) KAMAZ 17:39:08
2     500 CHAGIN (RUS) KAMAZ 17:52:44
3     504 LOPRAIS (CZE) TATRA 18:04:28
4     512 NIKOLAEV (RUS) KAMAZ 18:42:18
5     507 ECHTER (DEU) MAN 18:42:23
10 1   528 BEHRINGER (DEU) MAN 20:58:49
13 2 1 526 Teru SUGAWARA (JPN) HINO 22:41:25
18 3   517 JUVANTENY (ESP) MAN 23:53:40
19 4 2 513 Yoshi SUGAWARA (JPN) HINO 24:03:45

* :市販者クラスの順位 **:排気量10リットル以下クラスの順位
※順位はレポート執筆後に更新(修正)されることがありますので、ご了承ください。

デイリー動画はこちら
http://www.hino.co.jp/dakar/gallery/video1.html


1号車菅原義正/杉浦博之組


2号車菅原照仁/鈴木誠一組


イキケへのSSで大躍進を遂げた菅原照仁


砂漠のロングステージを走りきって安堵の鈴木誠一ナビゲーター


初挑戦の砂丘を乗り切った杉浦博之ナビゲーター


順調に砂丘ステージをクリアした菅原義正


砂丘をバックにビバークに到着した1号車


カラマ~イキケ

最新順位はこちら
http://www.dakar.com/index_DAKus.html
ページ中段の「RANKING」の「truck」をクリック。そのステージの順位は「STAGE」欄に、累計順位は「OVERALL」欄に掲載されます。
※当日のステージがまだ終わっておらず「Coming Soon」の場合は、大きな写真の上に「STAGE」と書かれた横の「<|>」をクリックし前日のステージを表示させてから上記の操作してください。

選手に応援メッセージを送ろう
http://www.teamsugawara.jp/cgi-bin/tsbbs11.cgi

HINOダカールサイト
http://www.hino.co.jp/dakar/index.html

専門用語はこちら
http://www.hino.co.jp/dakar/about/terminology.html
 

※本ニュースに記載されているラリー用車両は、ダカールラリー用に特別に設計・チューニング・改造された車両であり、特に明記がない限り市販車の仕様とは異なります。