ダカールラリー

最新ニュース

2011年01月04日

ダカールラリー2011、「第2ステージ」

1月3日、コルドバ~サン・ミゲル・デ・タクマン
競技区間(SS):324km 移動区間(リエゾン):440km

我慢の山間コースを手堅くクリア
2号車がSS総合29位で累計総合19位に浮上

最初の競技区間が設定された前日の2日の行程を2号車がトラック部門21位/市販車部門5位/排気量10リットル以下クラス2位、1号車も同じく43位/市販車15位/10リットル以下7位(初日なので累計順位も同じ)と順調なスタートを切った日野チームスガワラの2台の日野レンジャーは3日、コルドバ~サン・ミゲル・デ・タクマンの行程に臨んだ。コルドバから北上する途上に設けられた324kmのSSはダカールラリーとしては初めて走るエリアで、丘陵地帯を行くグラベル路面の一本道。再び強い雨に見舞われて路面は非常に滑りやすくなり参加者を苦しめた。前日と同じく大半は山間部のワインディングを行くもので道幅も狭く、追い越しは難しいなど、トラックにとっては引き続き我慢のステージとなった。なお、この日も2輪部門は13km地点と198km地点の2箇所でショートカットするような形で別のルートを採るためSS距離は24kmほど短く設定されていた。

このSSを日野チームスガワラの2台の日野レンジャーは果敢かつ慎重にクリア。1号車菅原義正/杉浦博之組が手堅く、SSでトラック部門総合34位/市販車クラス10位でゴールする一方、好調なペースを保った2号車菅原照仁/鈴木誠一組はSSで総合29位/市販車クラス8位と改造車クラス勢に分け入る順位で気を吐いた。この結果によりこの日までの累計順位は1号車がトラックの部門総合34位/市販車クラス11位、2号車は同部門総合19位/クラス4位とポジションアップに成功した。SS終了後に326kmの移動区間を走るため、本稿締め切りの現地時間午後9時時点では2台ともタクマンには到着していないが、トラブルはない模様。競馬場の一角に設けられたビバーク地で5人の日野メカニックたちが到着を待ちわびていた。

門馬孝之/今回はメカニックの選考がきちんと出来たことと、9月から車両製作を一緒に行ってきたおかげで我々メカニックのチームワークはばっちり。末次さんと山王さんの2人を号車担当とするなど配置もやりやすい体制になっています。これからが本番なので気を引き締めて行きたいと思います。

山本昌良/1月2月は南米で一番暑い季節です。でも日本と違って夜は冷え込むので体調管理は重要になります。作業は全員できっちり進めており、今のところは順調です。

橋場弘/2日の夜はドライバーから指摘を受けた2号車の左右フロントハブを組みなおしたほかは通常の点検整備のみ。自分が2004年に派遣されたアフリカと違って昼間の暑さはすごいですね。

山王隆史/砂の上での作業ははじめてですが、安全第一でしっかりやりたいと思います。作業の準備などスムーズに出来るようになってきましたが、今のところはトラブルもないし、これからが本番だと思っています。

末次健一/普段の業務で出張修理に赴くこともありますが、まあ砂の上というのはないですね。まだ始まったばかりですが、暑さは厳しい。でも作業をする夜は冷えてくるんで問題はありません。


 

トラック部門 SS順位
順位 No. ドライバー メーカー タイム
総合 * **
1     502 KABIROV (RUS) KAMAZ 3:50:46
2     504 LOPRAIS (CZE) TATRA 3:52:06
3     507 ECHTER (DEU) MAN 3:55:55
4     508 DE AZEVEDO (BRA) TATRA 3:56:02
5     500 CHAGIN (RUS) KAMAZ 3:57:00
12 1   538 BELLINA (ITA) GINAF 4:12:47
14 2   528 BEHRINGER (DEU) MAN 4:14:00
22 3 1 534 PIANA (FRA) MERCEDES 4:36:52
23 4   517 JUVANTENY (ESP) MAN 4:37:25
25 5   530 SCHOO (NLD) GINAF 4:37:59
26 6 2 516 ELFRINK (NLD) MERCEDES BENZ 4:38:51
27 7   541 BEZEMER (BEL) MAN 4:39:00
29 8 3 526 Teru SUGAWARA (JPN) HINO 4:40:31
32 9   535 VAN LANKVELD (NLD) DAF 4:41:58
34 10 4 513 Yoshi SUGAWARA (JPN) HINO 4:46:40
トラック部門 累計順位
順位 No. ドライバー メーカー タイム
総合 * **
1     502 KABIROV (RUS) KAMAZ 6:41:00
2     504 LOPRAIS (CZE) TATRA 6:41:09
3     500 CHAGIN (RUS) KAMAZ 6:41:22
4     508 DE AZEVEDO (BRA) TATRA 6:50:59
5     507 ECHTER (DEU) MAN 6:55:21
11 1   528 BEHRINGER (DEU) MAN 7:17:29
13 2   538 BELLINA (ITA) GINAF 7:30:19
15 3   530 SCHOO (NLD) GINAF 7:54:12
19 4 1 526 Teru SUGAWARA (JPN) HINO 8:01:37
21 5   535 VAN LANKVELD (NLD) DAF 8:09:43
23 6   517 JUVANTENY (ESP) MAN 8:11:06
27 7 2 516 ELFRINK (NLD) MERCEDES BENZ 8:17:20
28 8   541 BEZEMER (BEL) MAN 8:21:08
30 9   514 OLIVERAS (ESP) MERCEDES BENZ 8:24:33
33 10   557 VAN GINKEL (NLD) GINAF 8:31:29
34 11 3 513 Yoshi SUGAWARA (JPN) HINO 8:35:24


* :市販者クラスの順位 **:排気量10リットル以下クラスの順位
※順位はレポート執筆後に更新(修正)されることがありますので、ご了承ください。

 

デイリー動画はこちら
http://www.hino.co.jp/dakar/gallery/video1.html


1号車菅原義正/杉浦博之組


2号車菅原照仁/鈴木誠一組


2号車菅原照仁/鈴木誠一組


トゥクマンのビバークで競技車の到着を待つ日野チーム


コルドバ~サン・ミゲル・デ・タクマン

最新順位はこちら
http://www.dakar.com/index_DAKus.html
ページ中段の「RANKING」の「truck」をクリック。そのステージの順位は「STAGE」欄に、累計順位は「OVERALL」欄に掲載されます。
※当日のステージがまだ終わっておらず「Coming Soon」の場合は、大きな写真の上に「STAGE」と書かれた横の「<|>」をクリックし前日のステージを表示させてから上記 の操作してください。

選手に応援メッセージを送ろう
http://www.teamsugawara.jp/cgi-bin/tsbbs11.cgi

HINOダカールサイト
http://www.hino.co.jp/dakar/index.html

専門用語はこちら
http://www.hino.co.jp/dakar/about/terminology.html
 

※本ニュースに記載されているラリー用車両は、ダカールラリー用に特別に設計・チューニング・改造された車両であり、特に明記が ない限り市販車の仕様とは異なります。