環境報告

「環境報告」作成にあたって» 印刷用 (PDF 547KB)

私たちの想い

私ども日野自動車は、1993年3月に「日野地球環境憲章」を制定し、地球環境保全への決意を明確にして以来、長年にわたって環境への先進的な取り組みを進めてまいりました。

「環境にやさしい製品を環境にやさしく生産し、環境にやさしく使っていただく」ことを目指して、法令違反・苦情ゼロはもちろんのこと、製品開発、部品調達、生産、物流、販売などサプライチェーンすべてにわたり環境負荷低減を図っております。

特に中長期的な視野で日野自動車が貢献すべきことを整理した2016~2020年度までの中期計画「2020年 環境取り組みプラン」が今年度からスタートいたしました。この「環境取り組みプラン」の着実な実行を通じて、企業理念である「人、そして物の移動を支え、豊かで住みよい世界と未来に貢献する」-の実現に向けて、それぞれの分野での環境取り組みを推進してまいります。

商用車のマーケットは世界中に広がっており、日野自動車の生産・販売拠点もそれに伴い世界中に広がっております。世界中のステークホルダーの方々に日野自動車ならではの「価値」を届けるべく、事業全般において自然環境との調和を実現し、世界から信頼される商用車メーカーを目指します。

「環境報告」ではこのような想いとその実現に向けて日野自動車がどのような姿勢で各種環境取り組みを推進しているのか、実際の活動事例を交えながら紹介いたします。

特集記事について

今回のレポートの特集記事テーマは、「水素社会実現に向けた燃料電池バス開発」「生物多様性に配慮した取り組み」です。いずれも中長期的視野での経営戦略に関わる重要テーマであり、今後の日野自動車の取り組むべき環境課題について記載いたします。

「水素社会実現に向けた燃料電池バス開発」は次世代車開発の一環として、国際的にも注目を集める「水素」で走る製品開発を目指し、日野自動車がトヨタ自動車と連携して行った実証実験結果を中心に特集記事にまとめております。
燃料電池バスの環境上のメリットや、開発に携わった関係者の想いも併せて紹介いたします。

次に「生物多様性に配慮した取り組み」は、前年度策定、公表した5ヶ年中期計画「第6次環境取り組みプラン」の中でも個別目標を掲げ、自然との「共生」をキーワードに今後取り組み強化を図っていく課題です。
日野自動車における「生物多様性」の考え方や今後の取り組み方針などを中心に、特集記事として紹介いたします。