• トップメッセージ
  • 特集
  • CSRマネジメント
  • 社会性報告
  • 環境報告
  • 環境サイトデータ
  • GRIガイドライン対照表
  • ISO26000対照表
  • よくあるご質問
  • 年次報告バックナンバー

環境報告

各事業所の環境活動と環境関連法データ» 印刷用 (PDF 1.4MB)

このページは、日野自動車の各工場における環境活動と、環境関連法で開示が求められている環境データについて掲載しています。

本社・日野工場

本社・工場概要
ISO14000認証取得 2001年3月24日 ISO14000認証取得 2001年3月24日
所在地 東京都日野市日野台3丁目1番地1
主要製品 大型トラック「日野プロフィア」
中型トラック「日野レンジャー」
正社員数 6,200人
敷地面積 447,081 m2
延床面積 405,092 m2
環境方針
  • 社会、環境との共生
  • 継続的改善と環境汚染の未然防止
  • 法規等の順守
  • もったいないはすべての基本
  • 一人ひとりの気持ちから
「よい車をつくり、人や地球にやさしい輸送をサポートする工場」を目指します。

本社・日野工場では生産および物流過程においても環境負荷を最小化するため環境への取り組みに関する目標を定め、目標達成に向けて積極的に活動しています。

また、トップレベルの環境性能を有する製品を社会に提供し続けることは私たちの社会的責任と考えており、そのため開発・調達・生産準備・生産・事務管理のすべての機能で、環境への影響を認識し、環境との共生を進めています。

さらに、省エネ・省資源活動では、ふだんから「もったいない」を心掛け、ムダ・ムラ・ムリをなくしていくように、社員一人ひとりが認識し活動するとともに、自然環境保護の活動にも取り組んでいきます。

一方、日野工場は住宅地に隣接していることから、騒音や振動、臭気といった感覚公害で、地域の皆さまへご迷惑をお掛けすることがないように対策を徹底しています。

私たちは、今後も「よい車をつくり、人や地球にやさしい輸送をサポートする工場」を目指していきます。

受賞実績
2003年度
電気安全関東委員会委員長表彰最優秀賞
2005年度
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2006年度
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2007年度
電気安全・使用合理化表彰最優秀賞
2008年度
電気安全・使用合理化表彰最優秀賞
2008年度
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2008年度
高圧ガス保安協会会長賞受賞
2009年度
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2010年度
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
電気安全・使用合理化表彰最優秀賞
2011年度
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
電気安全・使用合理化表彰最優秀賞
2012年度
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
電気安全・使用合理化表彰最優秀賞
2013年度
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
電気安全・使用合理化表彰最優秀賞
2014年度
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
電気安全・使用合理化表彰最優秀賞
2015年度
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
電気安全・使用合理化表彰最優秀賞
省エネ推進功労者受賞
環境関連法データ

水質(水質汚濁防止法、都条例)
放流水水質分析(河川放流・・・・・・放流先:谷地川経由多摩川)

項目 単位 規制値 最大 最小 平均
排水量 m3/日 5,961 1 2,355
pH   5.8~8.6 7.7 7 7.3
BOD mg/l 20 1.1 ND 0.8
COD mg/l 11 1.1 5.6
SS mg/l 40 6 1 2.1
N-ヘキサン mg/l 5 ND ND ND
全リン mg/l 2 1.09 0.08 0.33
全窒素 mg/l 20 15.4 3.11 7.96
亜鉛 mg/l 2 0.06 0.05 0.055
フッ素化合物 mg/l 8 0.25 0.18 0.2

ND:定量下限値以下(検出されない)

大気(大気汚染防止法、都条例)
施設名 項目 単位 規制値 最大 最小 平均
ボイラー NOx ppm 46 17 31.25
ばいじん g/Nm3 ND ND ND
浸炭炉1号 NOx ppm 180 94 92 93
ばいじん g/Nm3 0.2 ND ND ND

ND:定量下限値以下(検出されない)

化学物質(PRTR法)(単位:t/年)
政令番号 第1種指定化学物質 取扱量 排出量 移動量 リサイクル量 除去処理量 消費量
大気 水質 廃棄物 公共下水道
1 亜鉛の水溶性化合物 3.2 0 0 0 0 0 3.2 0
53 エチルベンゼン 33 15 0 9 0 0 6.9 1.2
80 キシレン 53 28 0 7.4 0 0 11 5.7
188 N,N-ジシクロヘキシルアミン 4.6 0 0 4.6 0 0 0 0
190 ジシクロペンタジエン 3.8 0 0 0 0 0 0 3.8
240 スチレン 18 0.9 0 0 0 0 0 17
296 1,2,4-トリメチルベンゼン 40 16 0 19 0 0 0.54 3.9
297 1,3,5-トリメチルベンゼン 12 6.2 0 5.5 0 0 0.015 0
300 トルエン 34 11 0 2.1 0 0 8.9 12
392 ノルマルヘキサン 5.1 0.3 0 0 0 0 0 4.8
400 ベンゼン 0.9 0 0 0 0 0 0 0.86
412 マンガン及びその化合物 3.6 0 0 0.8 0 0 0 2.8
438 メチルナフタレン 15 0.7 0 0 0 0 0 14

取扱量が1t以上が対象(特定第1種指定化学物質は500kg以上)
除去処理量:焼却処理・分解処理などにより除去した量
消費量:反応により他物質に変化したり、製品に含有もしくは付随して場外へ持ち出される量

羽村工場

工場概要
ISO14000認証取得 1999年3月10日 ISO14000認証取得 1999年3月10日
所在地 東京都羽村市緑ヶ丘3丁目1番地1
主要製品 小型トラック「日野デュトロ」「ダイナ」
「トヨエース」 「ランドクルーザープラド」
「FJクルーザー」
正社員数 3,400人
敷地面積 750,770 m2
延床面積 381,227 m2
環境方針
  • 法令等の順守
  • 汚染の予防・継続的改善による未然防止
  • 省エネ・省資源・省廃棄物等
  • 地域社会との共生
「私たちは『地域に信頼される世界の小型商用車の親工場』を目指します。」

羽村工場では「一人ひとりが自分にプロとしての思いを込めて、世界に示そう羽村の底力!」をモットーに、さまざまな環境側面に配慮した改善活動・環境保全活動を推進しています。

環境を「守る・守れる工場」として全員で高い目標を設け、順法はもとより地球温暖化防止のために、温室効果ガスの低減にも積極的に取り組んでいます。特に、「3現主義(現地・現物・現認)」で「脱3M(守りにくい・守らせにくい・めんどうくさい)」を意識し、変化点・リスクに対して「当事者意識」を持って全員参加で取り組んでいます。

また、「安全が全ての基盤」を前提に、地域に信頼される世界の小型商用車の親工場を目指します。

受賞実績
2004年10月
高圧ガス保安協会会長賞受賞
2005年2月
資源エネルギー庁長官賞受賞
2006年2月
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2007年2月
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2008年2月
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2008年2月
省エネルギーセンター会長賞受賞
2009年2月
エネルギー管理優良工場経済産業大臣賞受賞
2010年2月
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2011年2月
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2012年2月
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2013年2月
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2013年2月
省エネ推進功労者受賞
2014年2月
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2015年2月
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
2016年2月
関東地区電気使用合理化委員会最優秀賞受賞
環境関連法データ

水質(下水道法)
放流水水質分析(下水道放流)

項目 単位 規制値 最大 最小 平均
排水量 m3/日 4,351 128 2,243
pH   5.7~8.7 7.6 6.9 7.1
BOD mg/l 300 26 4.1 16.7
SS mg/l 300 13 3 6
N-ヘキサン mg/l 5 ND ND ND
全リン mg/l 16 5.47 1.4 3.78
全窒素 mg/l 120 14 3.32 5.06
亜鉛 mg/l 2 0.6 0.46 0.53
フッ素化合物 mg/l 8 1.4 1.1 1.25

ND:定量下限値以下(検出されない)

大気(大気汚染防止法、都条例)
施設名 項目 単位 規制値 最大 最小 平均
コージェネ NOx ppm 35 19 13 16.8
ばいじん g/Nm3 0.05 ND ND ND
乾燥炉 NOx ppm 230 56 10 22.4
ばいじん g/Nm3 0.2 0.004 ND 0.0037

ND:定量下限値以下(検出されない)

化学物質(PRTR法)(単位:t/年)
政令番号 第1種指定化学物質 取扱量 排出量 移動量 リサイクル量 除去処理量 消費量
大気 水質 廃棄物 公共下水道
1 亜鉛の水溶性化合物 10 0 0 0 0 0 10 0
53 エチルベンゼン 72 57 0 0.098 0 2.5 3.5 8.65
57 エチレングリコールモノエチルエーテル 2.4 2.4 0 0 0 0 0 0
80 キシレン 120 75 0 0.066 0 2.1 4.3 39.7
133 酢酸2-エトキシエチル 4.8 4.8 0 0 0 0 0 0
188 N,N-ジシクロヘキシルアミン 2.2 0 0 2.2 0 0 0 0
296 1,2,4-トリメチルベンゼン 75 40 0 0.044 0 5.5 2 27.5
297 1,3,5-トリメチルベンゼン 14 12 0 0 0 1.6 0.055 0.021
300 トルエン 140 52 0 0.087 0 0.58 1.8 89
309 ニッケル化合物 1.5 0 0 0.75 0.19 0 0 0.55
392 ノルマルヘキサン 35 1.9 0 0 0 0 0 33.2
400 ベンゼン 6.3 0.3 0 0 0 0 0 5.93
411 ホルムアルデヒド 1.7 1.5 0 0 0 0 0.16 0
412 マンガン及びその化合物 15 0 0 1.2 0.066 0 0 13
438 メチルナフタレン 1.8 0.1 0 0 0 0 0 1.7

取扱量が1t以上が対象(特定第1種指定化学物質は500kg以上)
除去処理量:焼却処理・分解処理などにより除去した量
消費量:反応により他物質に変化したり、製品に含有もしくは付随して場外へ持ち出される量

新田工場

工場概要
ISO14000認証取得 2000年3月27日 ISO14000認証取得 2000年3月27日
所在地 群馬県太田市新田早川町10番地1
主要製品 中型および小型トラック用エンジン
大型および中型トラック用トランスミッション
中型トラック用アクスル
正社員数 2,000人
敷地面積 501,333 m2
延床面積 250,185 m2
環境方針
  • 地域との融和、環境との共生
  • 未然防止を基本に
  • 法規等の順守
  • ムダを出さない、ムダに使わない
  • 一人ひとりの気持ちから
「人と環境にやさしい、綺麗な工場」を目指します

緑豊かな新田工場は、「新田工場環境方針」のもと、常に環境への影響を考えながら、環境保全および改善活動を推進しています。

とくに、生産活動のより上流で環境影響の元を絶つ取り組みを充実させ、環境リスク発生の未然防止に努めています。また順法の監視・維持はもとより、さらなる環境負荷低減への取り組みとして、地球温暖化防止のためより高い目標に全員でチャレンジしてまいります。地域との融和では、長年つちかってきた信頼関係をさらに強固なものとして定着させ、苦情のない「人と環境にやさしい、綺麗な工場」をつくりあげていきます。

受賞実績
1999年度
関東通商産業局長(電気部門)表彰受賞
2001年度
関東経済産業局長賞(熱部門)表彰受賞
2002年度
資源エネルギー庁長官賞(電気部門)表彰受賞
2003年度
経済産業局省エネ活動優秀グループ賞受賞
2004年度
資源エネルギー庁長官賞(熱部門)表彰受賞
環境関連法データ

水質(水質汚濁防止法、県条例、地元自治体との環境汚染防止協定)
放流水水質分析(河川放流・・・・・放流先:早川経由利根川)

項目 単位 規制値 最大 最小 平均
排水量 m3/日 657 1 241
pH   6.0~8.0 7.4 7 7.2
BOD mg/l 10 ND ND ND
SS mg/l 15 ND ND ND
N-ヘキサン mg/l 3 ND ND ND
全リン mg/l 60 ND ND ND
全窒素 mg/l 120 0.2 ND 0.1
亜鉛 mg/l 1 0.03 ND 0.2
フッ素化合物 mg/l 1.5 0.17 0.16 0.17

ND:定量下限値以下(検出されない)

大気(大気汚染防止法、県条例、地元自治体との環境汚染防止協定)
施設名 項目 単位 規制値 最大 最小 平均
連続炉 NOx ppm 180 140 31 85
ばいじん g/Nm3 0.1 0.026 ND 0.007

ND:定量下限値以下(検出されない)

化学物質(PRTR法)(単位:t/年)
政令番号 第1種指定化学物質 取扱量 排出量 移動量 リサイクル量 除去処理量 消費量
大気 水質 廃棄物 公共下水道
31 アンチモン及びその化合物 6.35 0 0 0.127 0 0 0 6.223
53 エチルベンゼン 13 12 0 0.03 0 0 0 0.22
71 塩化第二鉄 1.6 1.6 0 0 0 0 0 0
80 キシレン 32 24 0.1 0 0 0 0 7.8
87 クロム及び3価クロム化合物 14 0 0 0.29 0 0 0 14.2
188 N,N-ジシクロヘキシルアミン 5.4 0.1 0 5.3 0 0 0 0
277 トリエチルアミン 70 0 0 0 0 0 70 0
296 1,2,4-トリメチルベンゼン 16 8 0 0 0 0 0 7.9
297 1,3,5-トリメチルベンゼン 5.5 2.1 0 0 0 0 0 3.3
300 トルエン 34 32 0 0.076 0 0 0 2.2
302 ナフタレン 1.1 0 0 0 0 0 1.1 0
309 ニッケル化合物 0.82 0 0 0.28 0 0 0 0.54
349 フェノール 0.67 0 0 0 0 0 0.35 0.32
392 ノルマルヘキサン 1.5 0.7 0 0 0 0 0 0.87
412 マンガン及びその化合物 1.4 0 0 0.48 0 0 0 0.86
438 メチルナフタレン 14 0.7 0 0 0 0 0 14
448 4,4-MDI 61 0 0 0 0 0 0 61
453 モリブデン及びその化合物 22 0 0 0.083 0 0 0 22

取扱量が1t以上が対象(特定第1種指定化学物質は500kg以上)
除去処理量:焼却処理・分解処理などにより除去した量
消費量:反応により他物質に変化したり、製品に含有もしくは付随して場外へ持ち出される量

青梅部品センター

青梅部品センター トラック・バスのサービス部品の管理と、全国へ向けた発送をおこなっています。 ISO14000認証取得 2002年1月11日 ISO14000認証取得 2002年1月11日
センター概要
所在地 東京都青梅市末広町1丁目5番1号
主要製品 サービス部品の管理・発送
正社員数 61人
敷地面積 26,288 m2
延床面積 31,533 m2
環境方針
  • 社会、環境との共生
  • 未然防止と継続的改善による環境保全
  • 法規等の順守
  • 省エネ、省排出物
  • 一人ひとりの気持ちから

日高配車センター

日高配車センター 完成した製品(トラック)の一括管理、架装メーカーなどへ発送をおこなっています。 ISO14000認証取得 2002年1月11日 ISO14000認証取得 2002年1月11日
センター概要
所在地 埼玉県日高市上鹿山689番地1
主要製品 製品(トラック)の管理・発送
正社員数 12人
敷地面積 265,989 m2
延床面積 10,118 m2
環境方針
  • 社会、環境との共生
  • 未然防止と継続的改善
  • 法規等の順守
  • スリムなモノの流れ
  • 一人ひとりの気持ちから

アメリカ

米国日野製造(HINO MOTORS MANUFACTURING U.S.A., INC.)
会社概要
会社名 米国日野製造(HINO MOTORS MANUFACTURING U.S.A., INC.)
本社所在地 37777 INTERCHANGE DRIVE, FARMINGTON HILLS, MI 48335
事業内容 日野車製造、補給部品販売、自動車用部品製造販売ほか
環境方針
  • 環境への悪影響軽減に貢献する
  • 公害防止とリサイクル活動に、より一層努力する
  • 決められた規則に従い、逸脱しない
  • 常に改善し続ける
環境関連データ
CO2排出量(t-CO2 20,544
排出物(t) 10,214
水使用量(千m3 21

タイ

タイ日野製造(HINO MOTORS MANUFACTURING (THAILAND) LTD.)
会社概要
会社名 タイ日野製造(HINO MOTORS MANUFACTURING (THAILAND) LTD.)
本社所在地 NO.99 MOO 3, THEPHARAK ROAD, SAMRONG NUA, MUANG SAMUTPRAKARN, SAMUTPRAKARN PROVINCE, THAILAND
事業内容 日野製トラック・バスの製造販売、自動車用部品製造販売
環境方針
  • 地球環境との調和
  • 環境汚染防止体制の強化とその運営
  • 法律と他環境方針の遵守
  • エネルギーと天然資源の保護
  • 廃棄物処理
  • 社員の意識づけ
  • 環境方針公開
環境関連データ
CO2排出量(t-CO2 26,990
排出物(t) 9,558
水使用量(千m3 284

インドネシア

インドネシア日野製造(PT. HINO MOTORS MANUFACTURING INDONESIA.)
会社概要
会社名 インドネシア日野製造(PT. HINO MOTORS MANUFACTURING INDONESIA.)
本社所在地 KAWASAN INDUSTRI KOTA BUKIT INDAH BLOK D1 NO.1 PURWAKARTA 41181, JAWA BARAT, INDONESIA
事業内容 日野製トラック・バスの製造販売
環境方針
  • 環境との融和、環境との共生
  • 予防を基本に
  • 法則等を遵守する
  • ムダを出さない、ムダに使わない
  • 一人ひとりの自覚
環境関連データ
CO2排出量(t-CO2 9,717
排出物(t) 1,827
水使用量(千m3 87

パキスタン

日野パック(HINOPAK MOTORS LIMITED.)
会社概要
会社名 日野パック(HINOPAK MOTORS LIMITED.)
本社所在地 D-2, S.I.T.E. MANGHOPIR ROAD KARACHI-75700, PAKISTAN
事業内容 日野製トラック・バス製造販売、ボデー架装および販売、補給部品の輸入販売
環境方針
  • 汚染防止と環境負荷低減の促進
  • エネルギーほか、資源の有効利用
  • 環境法規等の順守
  • 環境パフォーマンスの継続的改善
  • 従業員等への教育・訓練・啓発
環境関連データ
CO2排出量(t-CO2 2,719
排出物(t) 413
水使用量(千m3 45

中国(上海)

上海日野(上海日野発動機有限公司)
会社概要
会社名 上海日野(上海日野発動機有限公司)
本社所在地 中華人民共和国 上海市奉賢区 環城東路179号
事業内容 日野ブランドエンジンの製造・販売
環境方針
  • 国家の法律、法規を守る
  • 環境保護は自分自身からはじまる
  • 資源とエネルギーを有効利用し、ムダを防止する
  • 社員の環境保護意識を高める
環境関連データ
CO2排出量(t-CO2 2,719
排出物(t) 413
水使用量(千m3 17

ベトナム

日野ベトナム(HINO MOTORS VIETNAM, LTD.)
会社概要
会社名 日野ベトナム(HINO MOTORS VIETNAM, LTD.)
本社所在地 HOANG LIET, HOANG MAI, HANOI, VIETNAM
事業内容 日野製トラック製造販売、補給部品の輸入販売
環境方針
  • 法的要求事項ならびに関連規制の順守
  • 重大な環境影響の最小化を目的とした人的資源の確保
  • 資源消費の最小化のためのEMSの継続的改善
  • 環境方針の公開を通じた社員の意識向上と責任の自覚
環境関連データ
CO2排出量(t-CO2 1,096
排出物(t) 200
水使用量(千m3 6

カナダ

カナダ日野(HINO MOTORS CANADA, LTD.)
会社概要
会社名 カナダ日野(HINO MOTORS CANADA, LTD.)
本社所在地 395 AMBASSADOR DRIVE, MISSISSAUGA, ONTARIO L5T 2J3, CANADA
事業内容 日野製トラック製造販売、補給部品の輸入販売
環境方針
  • 環境への悪影響軽減に貢献する
  • 公害防止とリサイクル活動に、より一層努力する
  • 決められた規則に従い、逸脱しない
  • 常に改善し続ける
環境関連データ
CO2排出量(t-CO2 992
排出物(t) 127
水使用量(千m3 1

メキシコ

メキシコ日野(HINO MOTORS MANUFACTURING MEXICO, S.A. de C.V.)
会社概要
会社名 メキシコ日野(HINO MOTORS MANUFACTURING MEXICO, S.A. de C.V.)
本社所在地 CIRCUITO MEXIAMORA SUR # 302, PARQUE INDUSTRIAL SANTA FE.
事業内容 日野製トラック製造・卸売
環境方針
  • 資源の保全、リサイクル、汚染の予防を通じ環境保全を図る
  • 法的要求事項ならびに関連規制を順守する
  • 環境マネジメントシステムを継続的に改善する
  • 環境方針を社員、サプライヤーなどビジネスパートナーと共有する
環境関連データ
CO2排出量(t-CO2 78
排出物(t) 67
水使用量(千m3 1

バックナンバー