日野環境チャレンジ2050

環境報告

工場における省資源事例» 印刷用 (PDF 372KB)

工場における省資源事例

日野自動車では廃棄物を削減する手法として、廃棄物の元となる原材料や補助材の①不必要な使用を無くす、②使用を減らすこと、また発生してしまった廃棄物に関してはできる限り③減容化することを観点に活動を実施しています。

主な取り組み事例

  • 鋳物不良率の低減による鋳砂の廃棄削減
  • フィルター設置による廃液のロングライフ化
汚泥の廃棄量低減

以前、排水処理場の沈殿槽清掃時は汚泥をタンクローリーで吸引しそのまま廃棄していましたが、タンクローリーを吸引後にしばらく待機させ、水と固形物を分離させることにより減容化することができました。

改善前
改善前
改善後
改善後
効果

沈殿槽清掃時の汚泥発生量を削減

⇒ 廃棄物発生量 ▲15%低減

廃棄物発生量比較