日野環境チャレンジ2050

環境報告

リサイクル性を考慮した製品設計» 印刷用 (PDF 326KB)

日野自動車は1990年代初頭より、リサイクル性を考慮した製品開発、設計に取組んでいます。98年には「自主行動計画」を策定し、リサイクル率等の具体的数値を掲げ、活動の強化を図ってきました。また近年の国内外の環境負荷物質規制に対応すべく、早期の削減に取り組んできました。

これまでのリサイクル設計採用実績

リサイクル設計 使用先 2000年 2005年 2010年
リサイクル材料の使用
  • 再生フェルト
  • フロアマット
  • 再生ウレタン
  • シートクッション
  • 廃木材
  • 室内トリム
  • ケナフ
  • 荷台あおり板
  • 室内トリム
  • 樹脂バンパー回収品
  • バッテリーカバー
リサイクル性を考慮した材料の採用
  • 樹脂部品の材料統合
  • ガーニッシュ
  • ドアトリム
  • 高光沢樹脂
  • ドアガーニッシュ
  • バンパーグリル
部品解体性の向上
  • 固定クリップ樹脂化
  • インパネ
  • ビス締め点数削減
  • ホイールハウス固定クリップ