日野環境チャレンジ2050

環境報告

植樹による森林保全活動» 印刷用 (PDF 2.0MB)

日野自動車およびグループ会社では、事業所内やその近隣で森林を育てるべく、植樹活動を世界各国で行っております。

森林は土砂災害等を防いでくれるだけでなく、周辺地域の豊かな生態系を育んでくれます。社員・家族・関係団体が一体となって植樹に取り組むことにより、生態系保護・地域環境保全への意識向上を図っております。

今後も活動を継続し、事業活動を通じた「環境との共生」を目指していきたいと考えております。

これまでの植樹実績のあるグループ会社とその地域

青梅市における下刈り活動

日野自動車は青梅市御岳にある「日野自動車70周年の森」にて、2015年に下刈り活動を行いました。この活動は、これまで植樹した苗木の周辺を手入れする活動で、「木を育てる活動」となります。

今後も植樹した箇所が立派な森林となり、多くの動植物の棲み処となるよう大切に育んでまいります。

年次毎の活動(予定含む)
年次 活動内容 分類
1~2年 植樹 木を植える活動
3~7年 下刈り 木を育てる活動
8年~ 最低限の手入れ 森を見守る活動